クラシックカーも多種にわたって収集されており、大正4年(1915)製の「T型フォードスピードスター」から、日産自動車が昭和10年(1935)製造した「ダットサンフェートン」、昭和30年代に作られた日野のボンネットバス「BA14型」・「BH15型」、昭和30年(1955)製造の陸王サイドカーなど日本車、外国車、バス、サイドカーと様々。

スタッフお勧め「マツダ号PB型三輪乗用車」

昭和30年頃まで利用され、「三輪タクシー」・「バタンコタクシー」の愛称で親しまれたマツダの三輪乗用車。

▶︎こちらもおすすめ「大学内の小さな博物館。オープンキャンパスでエンジンの始動実演も「東北大学 自動車の過去・未来館」(宮城県仙台市)|一度は訪ねておきたいクラシックカー博物館」