古いアメリカを体現した車に乗ってみたかった

横から見た流麗なフォルムとマッスル感のミックス具合が気に入っている。

宮腰さんのアメ車遍歴は、古いアメリカ映画のなかに登場するキャデラックに憧れて、1965年の同車を手に入れたことろから始まった。「とにかく周りと違う車に乗りたかった、というのがその大きな理由です。そして所有して手をかけた車には、さらに愛着が湧いていきました」とも語る。66年製マスタングは、そのフロントマスクとダッシュパネルのデザインに惚れ込んで手に入れた。

左右対称にデザインされたダッシュボードもこの車の気に入ったポイントのひとつ。細めの3本スポークハンドルもこの時代のアメ車の特徴だ。
シングル単眼のライトは当時の流行りだが、最新モデルもリバイバルでこのモデルを踏襲したデザインに回帰している。
ボディの色に合わせているシート。60’sダイナーのソファをそのままシートにしたようなデザイン。

どのクルマもコンディションはベストを保っていて、クルマを変えては各地のイベントに持ち込み、賞をもらうこともあるとか。そうしたことがきっかけでさらにアメ車を持つことに張り合いが生まれたという。

各地で毎週のように行われているクラシックカーイベントに参加するのが恒例のようになっているそうだ。

古いクルマだが、アメ車の場合はパーツも結構出回っており、アフターマーケット製ならアメリカに直接インターネットなどで注文して問題なく入手できるのだという。こうして手をかけたマスタングは、仕事や日常で使用していてもなんら不都合はないそうだ。

エンジンは289-V8スモールブロックだが、赤いMSDイグニッションに換装。大排気量なのにふけ上がりもストレスがないそうだ。

週末にはクラシックカーイベントに参加し、会場で知り合う仲間との情報交換も楽しいと話す。「1960年代初期のアメリカンマッスルカーのカマロなども手に入れたいです」と、いろいろ調べている宮腰さん。あと数年後には宮腰家の庭はさらに60年代のアメリカンな雰囲気になっているだろう。

自宅の庭はアメ車のショールームのようだ。奥にご愛敬でビートルが。
最初に手に入れたキャデラックよりさらに10年以上古い1953年製ビュイックスーパー。それこそ古いアメリカ映画でよく目にする。
赤と白のツートンがとても目立つ1953年ビュイックスーパーでも家族でよく出かける。上の写真はイベントに出かけて賞をもらった時のスナップ。
1964年にコンバーチブルとハードトップで発売。低価格戦略によって売れ行きはフォード社の記録を塗り替え大ベストセラーとなった。