初代ライフは1971年より生産された。シビックとの共通点も多いが、4年未満と短い販売期間は初代シビックの世界的ヒットの影響によるところが大きい。ライフは日本で最初にエンジンにタイミングベルトを採用した車としても知られている。

4ドアのライフはファミリーでも使用でき、トラブルも少なくとても気に入っていると玉橋さんは話してくれた。現在はライフの他にもTOYOTAノアを所有する玉橋さん。「いつかはハコスカを手に入れたい」と熱い夢を語ってくれた。

オレンジ色のメーターパネルがレトロな雰囲気。
エンジンを空冷から水冷に転換したホンダにおける最初のモデル。