シックでラグジュアリーな空間。座り心地も抜群だ。

「エレガントなグリル周りが気に入ったんです」と話す粕川さん。ベントレーS2を所有して7年になるという。無類のクラシックカー好きである粕川さんはこのクルマの他にもジャガーのCタイプをはじめダットサンブルーバード、トヨタの1600GTSを所有する。

2019年にベントレーは創業100周年を迎えている。

中でもこのベントレーの渋い見た目は今も粕川さんを魅了し続けている。また、休みの日などにはこの愛車に乗って遠方などのイベントに足を運びながらドライブを楽しんでいる。

ベントレーの名車と呼ばれるS2サルーン。1959年の発売当初から、世界で最も豪華で革新的なサルーンとして注目された。直線的な造りが美しいフロントグリル。このグリル周りが粕川さんの一番のお気に入りなのだという。