銭湯や温泉のサブ的な立ち位置にあるサウナであるが、最近は接待の場所に選ばれることもあるほど、新たなコミュニケーション空間として認知されている。今回は、種類別にサウナを紹介し、その特徴や得られる効果について解説する。

【初心者サウナガイド①】サウナを入る前にすること

まずは、サウナに限らず言えることだが、温泉の湯船などと同様に必ず体を洗ってから入るのがマナー。サウナ内で、発汗と一緒に汚れを落とすのはもってほかだ。また、皮膚に汚れがついている状態では発汗作用も薄れてしまうので、必ずひと通り体をきれいにしてから入浴すること。

次に、しっかりと体を拭いて水滴が落ちないようにしてから入ること。水滴が毛穴をふさいでしまううえ、体が濡れたまま入ると、その水(湯)の蒸発熱で体が冷やされ、汗が出にくくなってしまうからだ。

入浴時は汗拭き用にタオルがあるといいだろう。

【初心者サウナガイド②】サウナ⇆水風呂の温冷浴を実践

しっかり体を拭いたら、
サウナで温まる(5〜10分)

体を冷やす(水風呂ないしは外気浴など/数分)

サウナで温まる(5〜10分)

体を冷やす(水風呂ないしは外気浴など/数分)

これを繰り返せばよい。サウナの目的は血行をよくすることにあるゆえ、この「温冷交代浴」を繰り返すことで、血行を促そう。

セット数(サウナ→水風呂で1セット)や入浴時間は、初心者は無理せず、回数を重ねることで入れるようになるので、けっして無理はしないこと。

【初心者サウナガイド③】一般的なサウナの温度を知る

サウナは乾式と湿式に大別されるが、一般的に「サウナ」といえば乾式、すなわち「ドライサウナ」を指す。ドライサウナは高温低湿なのが特徴で、室温は平均80~100℃、湿度は5~10%に設定されている。

サウナ内は熱湯に近い温度であるが、熱伝導率が低いためやけどの心配はほぼない。また、汗が蒸発する際に気化熱として身体表面の熱が奪われるため、皮膚付近の温度が高くなりすぎることもない。

同一室内でも温度が異なる

サウナ室は、通常上段、中段、下段の3つのベンチが設置されている。熱い空気は上に移動するという性質上、上段と下段では温度が大きく異なる。場合によっては30℃以上も温度差があるため、座る位置には注意しておきたい。まずは、出入り口付近の下段からスタートし、身体が慣れてきてから中段、上段へと移動するようにしよう。

温度別にサウナを使い分けて体を整える

サウナの種類によって温度も異なる。温度も異なれば、効能も変わってくるので、ここでサウナの種類別にそれぞれの温度と効能を解説する。

ドライサウナ

ドライサウナは、日本でもっともポピュラーなサウナである。先述の通り、温度は80~100℃と高温で、水風呂と併用するのが一般的だ。汗をかいてもすぐ蒸発するため、不快感が残りにくい。疲労回復や、肩こり、腰痛などに効果があるとされている。

遠赤外線サウナ

遠赤外線サウナとは、その名の通り遠赤外線を使用したサウナだ。温度は65~70℃とやや低めに設定されているため物足りなさを感じる人もいるが、遠赤外線には身体を温める作用があることから、充分に汗をかける。

期待できる効果は、冷え性改善や免疫機能向上などだ。美容効果も高いことから、従来女性に人気だったが、近年では美意識の高い男性の間でも注目されている。

スチームサウナ

蒸気をサウナ室内に充満させたスチームサウナ。その温度は40~60℃と低めだが、暖かい蒸気によってじんわりと身体に熱が伝わり、良質な汗をかくことができる。体内の老廃物や毒素を出すデトックス効果が高いとされている。

ミストサウナ

ミストを室内に噴霧させたミストサウナは、40~50℃の温度設定でドライサウナと対照的に低温多湿なのが特徴である。暑苦しさを感じにくく、身体への負担も少ないため、長時間入ることが可能だ。低温で身体を温めることにより副交感神経が優位になり、リラックス効果を得やすくなる。睡眠の質を上げたいなら、ミストサウナがおすすめだ。

サウナの種類によって温度や得られる効果が大きく違う。上手にサウナを使い分け、「サウナで整う」感覚をぜひ体感してみてほしい。