扇風機では物足りない!

家庭用スポットクーラー、冷風扇&冷風機には違いがある

冷風扇や冷風機などの家庭用のスポットクーラーは扇風機以上エアコン未満とも言われ、エアコンを設置できない部屋や一部の空間だけを涼しくしたいときに重宝する。持ち運んで好きな場所で使えることから、ポータブルクーラーとも呼ばれることも。近年の猛暑対策として各メーカーから冷風扇や冷風機として新商品が続々と登場している。

エアコンが付けられない部屋の他にも、書斎やガレージ、アウトドアでも活躍。さらに、車中泊で寝苦しいときにも適しているとあって注目も集まっている。

冷風扇・冷風機を総称して冷風機と言われることもあるため混同しがちなのだが、厳密には仕組みが異なるアイテム。まずは冷風扇と冷風機の違いを理解して、自分に合う相棒を見つけよう!

冷風扇(れいふうせん)とは

冷風扇(れいふうせん)の仕組み

気化熱現象を利用して冷たい風を送る扇風機。タンクから水を吸い上げたフィルターを通して送風することでひんやりとした風になり、涼しく感じられる仕組み。

冷風扇(れいふうせん)のメリット

エアコンはもちろん、冷風機と比べても電気代が安いのが特徴。部屋のエアコンの設定温度を高めにして、冷風扇をプラスして涼をとることで節電にもつながるのもうれしい。また、扇風機のようなシンプルな構造なので冷風機と比べると稼働音が小さい。卓上で使えるようなコンパクトなものが多い。リーズナブルなアイテムも数多くあり、手軽に取り入れられる。

冷風扇(れいふうせん)のデメリット

水を使った気化熱を利用しているため、加湿効果があり部屋の湿度が上がってしまうのがデメリット。湿気が高いと効果がなく、かえって暑く感じることもあるので、換気を行う必要がある。カビの発生を防ぐために手入れも重要だ。

冷風機(れいふうき)とは

冷風機(れいふうき)の仕組み

熱交換器を搭載した、クーラーの小型版。吸い込んだ空気に含まれた熱を追い出して冷たい空気を排出する仕組みで、本体だけでエアコンの室内機と室外機の役目を果たしている。業務用のものもある。

冷風機(れいふうき)のメリット

ミニクーラー、ポータブルクーラーとも言われ、工事不要で設置場所を選ばないなど、エアコンと比べて手軽に使えるのが冷風機のいいところ。スポット的に冷やすので、電気代が安く済むのもメリットのひとつだ。

冷風機(れいふうき)のデメリット

冷風扇と比べると稼働音が大きく、寝室など静かな場所では気になることも。熱い排気が出るので、熱を逃がせるような環境が必要。

冷風扇・冷風機の選び方

冷風扇と冷風機を選ぶときに注意しておきたいポイントと、車中泊などシーン別の選び方を紹介。

冷風扇(れいふうせん)はサイズ&手入れのしやすさで選ぶ!

冷風扇はさまざまな種類があるので、用途に合わせてサイズを選ぼう。書斎やリビングテーブルなど自分用に持ち運んで使いたいという場合は小型の卓上タイプ、もう少し広い範囲に風を送りたいという場合は首振りできる床置きタイプがおすすめ。

サイズのほかに注目したいのは、手入れのしやすさ。カビやイヤな臭いの発生を防ぐためにも、フィルターやタンクが取り外しやすいか、丸洗いできるのかなど要チェック。

冷風機(れいふうき)は機能性&タンクの容量で選ぶ!

冷風機は冷風機能のほかにも、除湿機能、衣類乾燥機能、温風機能など多彩な機能を備えた機種が多く、夏以外にも使いたいという場合は注目したいポイント。

タンクに水が溜まるタイプは容量もチェック。タンクが満水になったら稼働しないので捨てるのだが、この作業は甘く見ていると意外と面倒。大きめの容量だとラク。

車中泊・アウトドア向けに選ぶならUSB給電の冷風扇

車中泊やアウトドア用に探しているなら、持ち運びしやすいコンパクトタイプの冷風扇がおすすめ。モバイルバッテリーで動作可能なUSB式のものを選ぼう。LEDライトを搭載しているものは、夜間など暗い中で使うときに便利。車内で使うときは換気にも注意しよう。

あわせて読みたい
車中泊ならではのおすすめ楽しみ方、初心者が気をつけたい注意点
車中泊を快適にするためのアイデアとコツ|必須アイテム5厳選!

寝室用には静音性重視

寝室など、静かな環境で使うなら冷風扇。タイマー設定ができるものがおすすめ。

ガレージ用には業務用の強力タイプの冷風機もアリ

ガレージのように排気を逃しやすい環境であれば冷風機がおすすめ。稼働音を気にしなくていいいなら、業務用の冷風機を使うのも一つの選択だ。

おすすめの冷風扇(れいふうせん)

コンパクト・卓上タイプ

人気モデル!ショップジャパン「ここひえ」

持ち運びに便利なパーソナルクーラー「ここひえ」

2019年販売モデルから、さらにパワーアップしたパーソナルクーラー「ここひえ」。2020年モデルは風量アップ&タンク容量を拡張した。気化熱現象を利用した冷却技術「ハイドロチルテクノロジー」で吹出口最大-12℃の冷たい風を実現。約1.1キロと軽量で、取っ手もついているので持ち運びにも便利だ。電源オフタイマー付き。フィルターは防カビ抗菌加工を施していて水洗いもOK。USB電源アダプターも付属している。

商品名:ここひえ
価格:7,980円(税別)
サイズ:約 幅176mm×高さ181mm×奥行173mm
重量:約1030g
付属品:本体×1、防カビ抗菌フィルター×1、USBケーブル×1、ここひえ専用USB電源アダプター×1、取扱説明書×1
公式サイト:ショップジャパン

保冷剤付き!ソウイジャパン「HINYA RICH」

気化熱を利用した冷風扇「W保冷 コンパクト冷風機 HINYA RICH」

ソウイジャパンの「W保冷 コンパクト冷風機 HINYA RICH」は、専用保冷剤も付いたコンパクトタイプの冷風扇。タンクの水を吸い上げたフィルターを凍らせた保冷剤が冷やし、より冷たい風を送ることができる。幅約150×奥行160mmの小型サイズなので、デスクの上やキッチンでも場所を取らず便利。木目調の脚がインテリア性を高めている。

商品名:W保冷 コンパクト冷風機 HINYA RICH SY-122
価格:オープン
サイズ:約幅150×奥行160×高さ175mm
重量:約1080g
付属品:保冷剤×2、フィルター、軽量カップ、USBケーブル、取扱説明書(保証書)
公式サイト:ソウイジャパン

氷水OK!「HBLINK レモン型加湿扇風機」

氷水も入れられる冷風扇「HBLINK レモン型加湿扇風機」

かわいい見た目が特徴的な「HBLINK レモン型加湿扇風機」。内蔵の大口径ファンがパワフルな風を送り出し、タンクに氷水を入れると効果的に冷やすことができる。本体は776gで持ち運びしやすい。タンクの容量は200ml。防塵フィルターは交換可能(使用目安は約6〜8ヶ月)。カラーはLEMONとWHITEの2色展開。

商品名:HBLINK レモン型加湿扇風機
価格:6,500円(税別)
サイズ:約幅207×奥行165×高さ175mm
重量:約776g
公式サイト:Gloture

床置きタイプ

スリムでスタイリッシュ!山善「冷風扇 FCR-BWG40」

5段階の風量調節機能と「リズム風」機能を備えたYAMAZENの冷風扇。水不足警告ランプが付いているので、いつの間にかなくなっていた…という心配もない。水タンクは2重構造になっているため、外気の影響を受けにくく結露しにくいのが特徴。着脱式でお手入れがしやすいのもうれしいポイントだ。左右の首振り機能付きで、広範囲に風が届く。スリムでシンプルなデザインはインテリアに馴染む。

商品名:YAMAZEN 冷風扇 FCR-BWG40
サイズ:約幅33.5×奥行33.5×高さ103cm
重量:約5.6kg
公式サイト:山善
※画像はAmazonより

衛生面も安心!maxzen「UVプラズマイオン冷風扇 RMT-MX401」

除菌・消臭もできるmaxzenの冷風扇

maxzen「UVプラズマイオン冷風扇 RMT-MX401」は、高濃度マイナスイオンの力で気になるカビ菌やニオイ、アレル物質を抑制する冷風扇。村田製作所が開発したプラズマイオン発生器「イオニシモ」を採用しているのが特徴。UVライトでタンクの中のバクテリアを除菌する機能もあり、衛生面が気になる人におすすめだ。付属の保冷剤を入れてさらに冷やすこともできる。タンクのほか、各パーツも外して水洗いができる。風量調節は5段階で首振り機能付き。

商品名:maxzen UVプラズマイオン冷風扇 RMT-MX401
サイズ:約幅22×奥行30.5×高さ68.3cm
重量:約5.6kg
公式サイト:maxzen

1年中使える!シロカ「加湿つき温冷風扇 シロカのなごみ SH-C251」

冷風も温風もでるシロカの加湿つき温冷風扇

「加湿つき温冷風扇 シロカのなごみ SH-C251」は温風も冷風も出る温冷風扇。夏はタンクに水を入れれば冷風が、冬は水を使わずに暖かい温風が出るので一年中使える。タンクには保冷剤を入れることも可能。より冷たい風を送風できる。本体は11.1 kgだが、キャスターが付いているので部屋の移動も安心だ。

商品名:加湿つき温冷風扇 シロカのなごみ SH-C251
サイズ:約幅29×奥行31×高さ73cm(キャスター含む)
重量:約11.1 kg(キャスター含む)
公式サイト:シロカ

おすすめの冷風機(れいふうき)

冷風・衣類乾燥・除湿の1台3役!コロナ「どこでもクーラー」

吹き出し温度差最大-10℃まで冷却するスポットクーラー機能のほか、パワフルな除湿機能と衣類乾燥の機能も付いたコロナの「どこでもクーラー」は、1年中使える人気の商品。タンクは5.8Lと大容量なので、水を捨てる回数を減らせる。キャスター付きで移動もラクラク。

商品名:CORONA 冷風・衣類乾燥除湿機(どこでもクーラー)CDM-10A2(AS)
サイズ:約高さ600・幅250・奥行386mm
重量:約13.0kg
公式サイト:CORONA
※画像はAmazonより

水捨て不要で手間いらず!アイリスオーヤマ「ポータブルクーラー」

ノンドレン方式の冷風機

通常は運転時に発生する水がタンクに溜まり捨てる必要があるのだが、製品の内部で蒸発させる「ノンドレン方式」のため、水捨て作業が不要というのがうれしい。また、収縮可能な屋外排気用の3枚式窓パネル付きで雨や虫の侵入を防ぐことができる。キャスター付き。全国の家電量販店、ホームセンターなどを中心に販売しているが、完売となっている店も多い。

商品名:アイリスオーヤマ ポータブルクーラー
サイズ:約350×343 ×704mm
重量:約22kg
公式サイト:アイリスオーヤマ

ナカトミ「移動式エアコン MAC-20」

冷房・除湿・送風モードが付いているナカトミの「移動式エアコンMAC-20」。冷房モードでは16~32度の温度設定ができる。キャスター付き。ノンドレン方式。

商品名:ナカトミ 移動式エアコン MAC-20
サイズ:約37×34.5×70.5cm
重量:約22kg
公式サイト:ナカトミ
※画像はAmazonより

冷風も温風もOK!トヨトミ「スポット冷暖エアコン TAD-22KW」

温風も出るものを探しているのならトヨトミ「スポット冷暖エアコン TAD-22KW」がおすすめ。冷風・温風・除湿・送風の機能があり、簡易的な冷暖房としてさまざまなシーンで活躍しそうだ。キャスター付き。

商品名:トヨトミ スポット冷暖エアコン TAD-22KW
サイズ:約幅44×奥行32×高さ69cm
重量:約26kg
公式サイト:トヨトミ
※画像はAmazonより

※詳しい在庫状況など、各メーカーの最新情報をご確認ください。

冷風扇や冷風機は部屋全体の温度を下げるわけではなく、手軽に一部の空間を冷やすためのアイテムということは同じだが、涼しく感じる仕組みが異なるため、アイテム選びの際には注意が必要。暑がりの人は一人一台用意すると便利で、同居人とのエアコンの温度設定バトルからも解放されそうだ。

暑い夏だけでなく、気温の高いがエアコンをつけるほどではないような秋口や、ガレージでの作業やアウトドアシーンで涼を取りたいときにも大活躍間違いナシ。除湿機能や温風機能のある冷風機を選べば一年中使える。使うシーンや用途、予算に応じて選んで、快適に過ごそう。

また、外出時には首元にかけて使うネッククーラーもおすすめだ。両手をふさぐことなく持ち運びができるので、スポーツ時や通勤・通学のシーンでも便利。でもこちらの記事ではタオルタイプと電動タイプのネッククーラーについて詳しく説明しているので、参考にしてみてほしい。

ネッククーラーのおすすめ9選|タオル・電動タイプの選び方を解説