店名は心を満たすという意味のリキュール・ドランブイから。

洗練された店内には、長年かけて集めた貴重なシングルモルトウイスキーや、バカラなどの高価なグラスが300ほど並んでいる。その多くは50軒ものバーがひしめく宇都宮市でバーテンダーをしていた時に集めたものだ。

オーナーの梅本裕基氏は「グラスに負けたくない気持ちが強くなり、研究心が湧くんです」と話す。

古い調度を設えた店内。貴重なバカラのグラスも多い。
曲線が美しいバカラの灰皿。

そのバーには12年務め、その後、東京のバカラ直営の「ビー バー」などで修業した。洋酒とグラスの歴史に始まり、職人の仕事、もてなしなどについて学び、平成22年(2010)に独立して、最終的にこの店をオープンさせたのだ。

ロックスタイルのカクテル「ラスティ・ネイル」を作る梅本氏。

ウイスキーとカクテルがメインだが、梅本氏はワインのソムリエの資格も持つ。「相性のいい食べ物についても学んだことで、おもてなしの幅がさらに広がった」と語る。

カウンターには48ヵ月以上熟成させたハモンイベリコベジョータが。生ハムの切りたては2000円から。

【Selected cocktail】ムーングロウ

ムーングロウ

ドランブイにホワイトカカオリキュールと生クリームを加えてシェイクした、月の輝きという意味のカクテル。まろやかな口当たりで美味。「もっと広まっていいカクテルです」と梅本氏。

【BAR DATA】
BAR Drambuie(ばー どらんぶい)
足立区千住1-37-1 山本ビル1F
03-5244-6466
営業時間/17時~翌1時
定休/火曜
席数 /カウンター8席、テーブル10席
チャージ/800円
アクセス/JR「北千住駅」より徒歩約5分

※営業時間・定休日等に変更の場合あり。HP等で要確認。