66975仕事で溜まった脳疲労を取り除く! ドライヘッドスパの驚くべき効果とは?

仕事で溜まった脳疲労を取り除く! ドライヘッドスパの驚くべき効果とは?

編集部
目次

ドライヘッドスパを体験したことはあるだろうか? 美容院でやってもらう通常のヘッドスパとは違い、シャワーやシャンプーを一切使わないヘッドスパだ。その分、頭・顔・肩などのマッサージに力を入れているため、日頃の疲れを吹き飛ばすことができる。

そこで今回は、仕事で脳疲労が溜まっている人に向けて、ドライヘッドスパの魅力とおすすめサロンを紹介する。「なんだか頭が重い」「脳疲労が溜まってモヤモヤする」そんな人は、ぜひ本記事を最後まで読んでみてほしい。

■ドライヘッドスパの魅力

いま人気のドライヘッドスパは、最高のリラクゼーションだ。施術中は気持ちよすぎて、ふと眠ってしまってしまうほどである。なお、このドライヘッドスパを受けることで、以下のような効果が期待できる。

・心からリラックスできる
・脳疲労を取り除ける
・頭痛が改善する
・首や肩こりが改善する
・睡眠の質が向上する

もちろん個人差はあるが、ドライヘッドスパではこれらの複数効果が見込めるそうだ。特に注目すべきは、脳疲労の軽減である。

普段からパソコン仕事をしている人は、気づかないうちに脳疲労が溜まってしまう。サウナや運動でも取り除くことはできるが、ドライヘッドスパではより根本から改善することができる。

■ドライヘッドスパの施術内容

ドライヘッドスパの施術内容は店舗によって異なるが、基本的にオールハンドで実施される。うつ伏せの状態で凝り固まっている頭のマッサージを行い、その後は仰向けに体制を変え、脳周辺の頭皮を中心に施術していく。

また、ドライヘッドスパは頭のマッサージだけでなく、目周辺や顔周り、上半身、腕全体、足など、複数箇所の施術も行われる。店舗によっては、以下のように特定部位の専用コースも用意されている。

【ドライヘッドスパのコース一例】
・基本ドライヘッドスパコース:頭・顔・首・上半身
・頭痛、脳疲労集中ケアコース:頭のみ
・顔コリ解消コース:頭・顔・目周辺

複数のコースが用意されている場合は、ご自身の疲労状況を加味して選択しよう。

■【メンズOK】都内のおすすめドライヘッドスパ3選

最後に、都内のおすすめドライヘッドスパを3つ紹介する。

【1.品川|ゆめのまくら 品川本店】

一つ目のおすすめサロンは、品川にある「ゆめのまくら 品川本店」だ。ドライヘッドスパ専門店ならではの技術を活かし、頭や首、肩、肩甲骨周りまでオールハンドでマッサージしてくれる。

店内の雰囲気はとても落ち着いており、施術中は極上の寝落ちを体験できる。水を一切使わないため、仕事帰りにスーツのまま足を運ぶことも可能だ。

場所:東京都港区高輪3-23-14 シャトー高輪305号室
アクセス:JR品川駅高輪口徒歩3分

【2.新橋・新宿|ヘッドマニア】

続いて紹介するのは、新橋と新宿にある「ヘッドマニア」だ。コンセプトは「眠り」。「気がいたら心地の良い眠りについている」というほど気持ちがよく、心身ともにリラックスできる。

「超絶睡眠ドライヘッドスパ」「超絶ヘッド+眼精疲労解消」「超絶ヘッド+首肩こり解消」など、部位ごとに専用コースが用意されており、初回限定割引も実施しているため、心地よい眠りを体験してみたい人はぜひ訪れてみてほしい。

(新橋)
場所:東京都港区新橋3-13-5 新橋カシマビル4F
アクセス:各線「新橋」駅から徒歩1分

(新宿)
場所:東京都新宿区西新宿1-19-11西新宿甲州ビル5F
アクセス:都営新宿線、大江戸線、京王新線7番出口目の前。JR新宿駅西口、南口より徒歩4分

【3.表参道|アットフォレスト / @forest】

「アットフォレスト / @forest」では、ハイクラスのドライヘッドスパを体験できる。頭だけでなく、腕や肩、足、目などのコースも充実している。

また、完全オーダーメイドの施術も用意されているため、「より特別な時間を過ごしたい」という人におすすめだ。独自のこだわりテクニックをぜひ体験してみてほしい。

場所:東京都港区南青山5-4-44 ラポール南青山306
アクセス:表参道駅から徒歩5分

■まとめ

今回は、ドライヘッドスパの魅力やおすすめサロンを紹介した。

ドライヘッドスパの施術を受けることで、脳疲労の軽減や睡眠の質向上など、さまざまな効果に期待が持てる。また、寝落ちするほど気持ちがよく、心身ともにリラックスできるため、「最近疲れが溜まってきたな」と感じる人は、ぜひ本記事で紹介したサロンに足を運んでみてほしい。

楽しんでいただけただろうか。今後も「男の隠れ家デジタル」らしい切り口で情報を紹介していきたいと思う。

▼あわせて読みたい

編集部
編集部

いくつになっても、男は心に 隠れ家を持っている。

我々は、あらゆるテーマから、徹底的に「隠れ家」というストーリーを求めていきます。

Back number

バックナンバー
More
もっと見る