67733仕事の疲れ・ストレスを吹き飛ばせ! 究極のリフレッシュ法5選

仕事の疲れ・ストレスを吹き飛ばせ! 究極のリフレッシュ法5選

WAB TATE
目次

「仕事のやりすぎで疲れが溜まっている」「休日にストレスを発散したい」そう思っている人も多いはずだ。現代はパソコン仕事が増えたことで、肉体的な疲労は減ったものの、精神的ストレスが増大傾向にある。頭や目の使いすぎで、脳疲労が溜まっている人もいるだろう。

疲れやストレスが溜まった状態を放っておくと、頭の回転が遅くなり、身体にも影響を与えてしまうことがある。仕事の生産性を上げるためにも、気分転換やリフレッシュは非常に大切なのだ。

そこで今回は、仕事の疲れやストレスを吹き飛ばすリフレッシュ法を5つ紹介する。男の隠れ家が厳選したリフレッシュ法の中から、ぜひ自分の好みに合ったものを試してみてほしい。

■方法1.遠くへ旅行する

仕事で疲れたときは、遠くへの旅行がおすすめだ。日帰りで近場を観光するのではなく、できれば1〜2泊してゆったりと非日常空間を満喫しよう。なお、旅行での楽しみ方は以下のようなものが挙げられる。

・有名な温泉スポットでのんびり
・パワースポットでの登山
・自然を感じるグランピング
・田舎のBBQスポットで肉と酒
・沖縄の海で癒やされる

訪れたことのない地で心から楽しむことで、仕事のことを忘れてリフレッシュできるはずだ。できれば100km以上離れた場所に足を運ぼう。

■方法2.とにかく身体を動かす

精神的なストレスが溜まっている人は、頭を休めて身体を動かすことをおすすめする。夢中で身体を動かし汗をかくことで、頭のモヤモヤがきっと晴れるはずだ。また、身体を動かせば運動不足の解消にもつながる。

身体を動かす方法としては、近所を散歩する、自宅で筋トレをする、簡単なストレッチをする、などが挙げられる。中でもおすすめの方法は、仲の良い友人と集まってみんなでスポーツをすることだ。

仕事のストレスを発散したい人は、コミュニケーションを取りながらスポーツに熱中してみてほしい。

■方法3.森林浴で癒やされる

3つ目は、森林浴で癒やされるリフレッシュ法だ。大自然の中、深呼吸をしながら太陽の光をいっぱい浴びることで、心の奥底に癒やしをもたらしてくれる。また、森林の緑色は安定や調和をもたらす色なので、心の乱れを鎮める効果にも期待できる。

大自然の中で森林浴をしたあとは、辺りを散歩するなどして身体を軽く動かそう。その際には動物や植物を観察し、その姿に癒やされるのもアリだ。なお、森林浴ができるおすすめスポットは以下の通りだ。

・東京都八王子市|高尾山の森
・栃木県日光市|奥日光の湿原(戦場ヶ原、小田代ヶ原、湯川)
・群馬県|桐生川源流林
・兵庫県|阿瀬渓谷
・山形県|高瀬峡ハイキングコース

四季折々の景色、鳥のさえずり、小川のせせらぎなど、大自然の風景や音をぜひ堪能してみてほしい。

■方法4.動物と触れ合う

仕事のストレスで悩んでいるときは、動物に触れ合ってみてほしい。無邪気な動物と触れ合うと心が安定し、安らぎと癒やしをもたらしてくれる。動物は自宅で飼わなくても、以下のような場所で触れ合うことができる。

・ペットショップ
・動物園
・猫カフェやピッグカフェ
・ふれあいパーク
・友達の家

自分で動物を飼う場合は重大な責任が伴うため、触れ合うまでのハードルが高くなってしまう。しかし、〇〇カフェやふれあいパークであれば、比較的気軽に動物と触れ合えるためおすすめだ。

■方法5.SNS断ちをする

生活の一部になりつつある「Twitter」や「Instagram」といったSNS。タイムラインをチェックするのが楽しくて、ついつい時間を使ってしまうという人も多いはずだ。

頭を休めたい人は、このSNSをやめてみるのも一つの手だ。SNSは時間を使うだけでなく、人間の欲求を簡単に満たしてしまうため、意欲そのものを低下させると言われている。また、知らなうちにSNSでストレスが溜まってしまい、気分が落ち込んでしまうなんてことも。

このSNSをあえて断ち切ることで、時間を有意義に使うことができる。より充実した休日を過ごしたい人は、ぜひこの方法を試してみてほしい。

■まとめ

今回は、仕事の疲れやストレスを発散できるリフレッシュ法を5つ解説した。

疲れやストレスが溜まっている状態だと、頭の回転が遅く、仕事の生産性を落としてしまう。普段取り組まないことにあえてチャレンジすることで、仕事のストレスを忘れて心の底からリフレッシュできるはずだ。

リフレッシュ法はすぐに行えるものから、時間をかけてゆったり行うものまである。ぜひ自身に適したリフレッシュ法を見つけてみてほしい。

▼あわせて読みたい

株式会社WEB TATE
株式会社WEB TATE

SEO記事をはじめPR記事やセールスライティング、バズることを目的とした配信用コンテンツなどさまざまなWEBライティングに対応できるライター集団。
目まぐるしいユーザーニーズに対応し、対象媒体の状況に合わせた改善/提案まで行っている。
YMYL領域からゲーム・漫画領域まで、多岐にわたるジャンルにおいての執筆が累計10万記事以上あり。

Back number

バックナンバー
More
もっと見る