68862【モチベ上昇】Metaで話題沸騰! マーク・ザッカーバーグの心に響く名言3選

【モチベ上昇】Metaで話題沸騰! マーク・ザッカーバーグの心に響く名言3選

WAB TATE
目次

Facebookの創業者、そして会長兼CEOを務める「マーク・ザッカーバーグ」を知っているだろうか?最近はFacebook事業からVR事業に移行し、社名まで「Meta」に変更して世間を騒がしている。

そんなマーク・ザッカーバーグは、我々の心に響く名言をいくつも残している。今回は、マーク・ザッカーバーグという人物について、心に響く名言を3つ紹介する。

ライフスタイル誌から誕生した男の隠れ家デジタルが、知的好奇心をくすぐる情報を解説しよう。

■マーク・ザッカーバーグとは?

マーク・ザッカーバーグは、元Facebook(現Meta)の会長兼CEOを務める実業家だ。ハーバード大学在籍中にルームメイト数人でFacebookの前身であるサービスを立ち上げ、そのサービスの素晴らしさから全米の学生に支持された。2006年には一般公開され、改善に改善を繰り返し、いまでは約24億人が利用する世界的なSNSとなった。

マーク・ザッカーバーグは写真中心のSNS「Instagram」を10億ドルで買収。さらに、VRに注力すべく社名を「Meta」に変更し、VRのハードウェアを製造する「Oculus」を買収した。

世界最大規模のSNSをつくる、保有資産額が約600億ドルに達するなど、マーク・ザッカーバーグは若いうちから大成功を収めた。

なお、過去にはマーク・ザッカーバーグの歴史を描いた『ソーシャルネットワーク』という映画も上映された。興味がある人はぜひ観てほしい。

■マーク・ザッカーバーグの名言3選

世界的な大企業を造りあげたマーク・ザッカーバーグは、数々の名言を残している。本項では、心に響く代表的な名言を全部で3つ紹介しよう。

【1.最大のリスクは、リスクを取らないことだ】

世の中には「挑戦を恐れて身動きが取れない」という人が非常に多い。挑戦には何かしらのリスクがあるため、賢明な選択とも言える。

しかしマーク・ザッカーバーグは、リスクを取らないこと自体がリスクだと語る。急速で変化する現代では、「間違いは避けられないもので、間違いによって判断されることはない」とも語っている。

さらに、マーク・ザッカーバーグには「何もしないより、何かを試してみて、それがうまくいかないことを学んだ方が良い」という名言もある。つまり、マーク・ザッカーバーグは、失敗してもそこで終わりではなく、失敗したからこそ学べることもある、という主張をしているのだ。

失敗を恐れて行動できない人は、ぜひこの言葉を胸に秘めていてほしい。

【2.完璧であることより、まず終わらせることが重要だ】

部屋の掃除や趣味、仕事など、この名言はすべてにおいて言えることかもしれない。多くの人は完璧を求めるあまり、前進スピードが遅くてやりたいことが終わらない、という事態が起こってしまう。

もちろん、完璧を求めてクオリティを高めることは決して悪いことではないのだが、マーク・ザッカーバーグは「何事も早めに終わらせてあとから修正をかけるべき」という考えを持っている。「仕事がうまくいかない」「作業に時間がかかってしまう」などの悩みを抱えている人は、この名言を参考にしてみてほしい。

【3.成功を夢見る人もいれば、目を覚ましそれに向けて努力する人もいる】

将来の夢、やりたいこと、叶えたい願い。誰しも成功を夢見て、ふと思いふけることもあるだろう。

しかし、それでは夢は叶わないと、マーク・ザッカーバーグは主張する。夢を見るのは簡単だが、思い描いているだけでは目標に一歩も近づけない。マーク・ザッカーバーグの言葉通り、夢や目標を叶えるためには、目を覚ましてとにかく前に進み続けるしかないのだ。

マーク・ザッカーバーグはこの考えのもと努力を続けたからこそ、いまの成功を掴み取っているのかもしれない。とはいえ、一つのことに集中して努力を続けることは非常に難しい。モチベーションが下がったときには、この名言を思い出すようにしよう。

■まとめ

今回は、マーク・ザッカーバーグという人物について、心に響く代表的な3つの名言を紹介した。

保有資産額が約600億ドルのマーク・ザッカーバーグは、Facebook事業からVR事業に移行した。世間からは非難の声を浴びているが、彼なりの思いがあってVR事業に注力しているのだろう。

マーク・ザッカーバーグがFacebookを短期間で成長させたように、これからのイノベーションに期待したいところだ。仕事やプライベートのモチベーションが低下したときには、ぜひ本記事で紹介した名言を見返してみてほしい。

▼あわせて読みたい

株式会社WEB TATE
株式会社WEB TATE

SEO記事をはじめPR記事やセールスライティング、バズることを目的とした配信用コンテンツなどさまざまなWEBライティングに対応できるライター集団。
目まぐるしいユーザーニーズに対応し、対象媒体の状況に合わせた改善/提案まで行っている。
YMYL領域からゲーム・漫画領域まで、多岐にわたるジャンルにおいての執筆が累計10万記事以上あり。

Back number

バックナンバー
More
もっと見る