69611スポーツの楽しみ方は1つじゃない!「する・みる・支える・知る」という楽しみ方

スポーツの楽しみ方は1つじゃない!「する・みる・支える・知る」という楽しみ方

WAB TATE
目次

スポーツは一生の趣味になる。スポーツは体を動かす趣味であるため、楽しいと同時に健康を手にすることができる。日頃のストレスを忘れて、心身ともにリフレッシュしたい人にもおすすめだ。

また、「スポーツは体を動かして疲れるもの」と思っている人もいるかもしれないが、スポーツを楽しむには、必ずしも体を動かす必要はない。なぜなら、スポーツには「する」という選択肢以外にも、「みる・支える・知る」という楽しみ方があるからだ。

そこで今回は、スポーツの楽しみ方を「する・みる・支える・知る」の4つに分けてそれぞれ解説する。週末の過ごし方を探している人は、ぜひ最後まで読んでみてほしい。

ライフスタイル誌から誕生した男の隠れ家デジタルが、知的好奇心をくすぐる情報を解説しよう。

■スポーツを「やる」

まずは、王道的なスポーツを「やる」から解説する。サッカーや野球、バドミントンなど、さまざまなスポーツで体を動かせば、運動不足の解消はもちろんのこと、心からリフレッシュできる。

また、スポーツをプレイする際は基本的に相手が必要なので、自然と気の合う仲間と知り合うことができる。ときには仲間同士で協力したり、ライバルとして対戦したりと、スポーツを介してさまざまな人間関係を構築できるはずだ。

どこかのスポーツチームに所属して活動する場合は、さらに大勢の人たちと関係を持つことができる。仕事では絶対に出会えない人たちと仲良くなれば、人生の選択肢をより大きく広げられるだろう。

なお、スポーツは勝ち負けを争う競技ではあるものの、仲間同士でラリーを続けたり、ボールをうまく蹴ることにこだわったりなど、多彩な楽しみ方がある。ぜひ1人でも2人でも、日常的にスポーツに関わるようにしよう。

■スポーツを「みる」

誰かのスポーツを観戦するのも楽しみ方の1つだ。友人のスポーツを観戦するのも良いが、どうせならプロの公式試合を観戦してみてほしい。

好きなチームを心ゆくまで応援することで、友人や現地の人たちと一体感を得られ、これまでにない非日常的な興奮を味わうことができるだろう。また、スポーツの試合はさまざまな場所で行われるため、現地に足を運び、試合をみたあとはその周辺を観光するなどの楽しみ方もある。

「試合会場に行くのは面倒」という人は、HUBや居酒屋などでスポーツの試合を観戦してみよう。現地に行かなくても、十分にスポーツの楽しさを共有できるはずだ。新たな友人を作れる可能性があることも覚えておこう。

■スポーツを「支える」

スポーツを支えるとは、ボランティア活動などのことを指す。得意なスポーツや思い入れのある地元チームがあれば、そのチームのコーチになることで、ほかの選手を通じて自分自身が楽しむことができる。

好きなチームの選手を育て、戦略を考えながらチームを勝利に導くコーチという役割は、とても大変で荷が重いが、その分やり遂げた際の達成感は何事にも変えられないものがある。

なお、スポーツを支える役割はコーチだけでなく、選手をサポートする栄養士なども含まれる。興味があればぜひ取り組んでみてほしい。

■スポーツを「知る」

スポーツを知るというのはそのままの意味で、スポーツのルールや理論的な知識を身につけることを意味する。サッカーや野球などのスポーツの歴史を知っておけば、誰かと会話をする際に話題を共有するなど、スポーツの知識を通じて楽しみを得ることができる。

スポーツの知識を深めるためには、ラジオやテレビ、本、新聞などで情報を集める必要がある。そのほか、中継で試合状況を確認する、ネットを使って徹底的に調べるなど、さまざまな方法がある。体を動かす必要がないため、運動が苦手な人でも手軽に取り組めるはずだ。

■まとめ

今回は、スポーツの楽しみ方を、「やる・みる・支える・知る」の4つに分けて詳しく解説した。

スポーツと聞いて一般的にイメージするのは「やる・みる」の2つだが、それ以外にもコーチなどでチームを「支える」、新聞やラジオなどを駆使してスポーツを「知る」という楽しみ方もある。

また、最近はスポーツを「つくる」という楽しみ方を実践する人までいる。スポーツの楽しみ方は多様化しているため、これまでの常識にとらわれず、ぜひ自身に合ったスポーツの楽しみ方を見つけてみてほしい。

▼あわせて読みたい

株式会社WEB TATE
株式会社WEB TATE

SEO記事をはじめPR記事やセールスライティング、バズることを目的とした配信用コンテンツなどさまざまなWEBライティングに対応できるライター集団。
目まぐるしいユーザーニーズに対応し、対象媒体の状況に合わせた改善/提案まで行っている。
YMYL領域からゲーム・漫画領域まで、多岐にわたるジャンルにおいての執筆が累計10万記事以上あり。

Back number

バックナンバー
More
もっと見る