スポーツマスクはおしゃれ&スタイリッシュ!

「マスクなんてつけたくない」―とはもう言ってられないウィズ・コロナ時代がやってきた。マスクが苦手という人の心理を覗くと、「暑い」「息苦しい」「耳ゴムが痛い」などの着用感へのストレスのほか、「めんどう」「ダサい」というホンネも聞こえてくる。

新しい生活様式の必需品になるものならば、機能性だけでなく着けるのが楽しくなるおしゃれでかっこいいマスクを選びたいところ。そして、スタイリッシュなマスクを探している人に、ぜひおすすめしたいのがスポーツ用のマスクだ。

ジムや屋外のランニングなどでも、飛沫拡散を防ぐためにマスクの着用が推奨されており、各メーカーがスポーツに特化した機能を備えるマスクを次々に開発・販売している。スポーツマスクの選び方や特徴を理解し、自分に合ったものを見つけよう。

スポーツマスクの選び方

夏場は接触冷感や通気性に優れたものがベスト

夏場にマスクを付けていると、汗をかくことでマスク内部の湿度が上昇し、蒸れによる不快感や息苦しさが生じてしまう。そのため、通気性に優れた生地を使っていることが重要になる。また、肌に触れるとひんやりとした付け心地を感じる接触冷感であれば、より不快感を軽減できるだろう。

ランニングなどアウトドアでのスポーツの際は、UVカット加工が施されているとさらに安心。日焼け対策にもおすすめだ。

冬場・ウィンタースポーツでは防風・保温性を重視

一方、寒い冬やウィンタースポーツの際には、「防寒」を基準に選びたい。ニットやフリース生地など、防寒対策できる素材がベスト。「防風」「保温」効果の表示があればより安心だ。

また、冬用のスポーツマスクは形状にも注目。首元まで覆えるものやフルフェイスタイプなど、様々なラインナップから使用環境に合わせたものを選ぶといいだろう。

動いてもずれにくいフィット感

通常の不織布マスクなどは動くとどうしてもズレが気になるが、スポーツマスクはずれたり外れたりしないよう、口を覆う部分や耳に掛ける部分を広めに作ることでフィット感を高めているものが多い。中には、紐の長さを自由に調節できるドローコードを備えたタイプもある。

繰り返し洗える素材で清潔感をキープ

直接肌に触れるマスクは衛生面も重要。繰り返し洗って使えるものであれば、いつでも清潔感を保てる。また、速乾性に優れた素材であれば、夜洗って干しておき、朝にまたすぐ使用できるというメリットも。

フィルター付きのマスクは、フィルターごと丸洗いできるかどうか事前にチェックしておこう。交換式のタイプは、コストがかかるものの洗う手間が省けるため、洗濯が億劫に感じる人はフィルター交換式のタイプを選ぶのも手。

春~夏におすすめのスポーツマスク5選

ランナーマスク(D&M)

創業110年を超える老舗サポーターメーカーが手掛けるランニング向けマスク。伸縮性のあるパワーネット、厚みがありソフトタッチな特殊フィルター、スイムウェア素材と3種類の生地とタック処理により、運動時の激しい呼吸や汗をかいても口元に張り付きにくく、新鮮な空気を取り込みやすい通気性を備える。

また、紫外線から肌を守るUVカット加工、夜間・早朝時に視認性を高めるリフレクタープリントのロゴマークを施すなど、運動時の安全性もしっかり確保。サイズはS・M・Lと3タイプ展開で、家族全員で使えるのも嬉しい。

商品名:ランナーマスク
価格:Sサイズ…1,980円(税込)、M/Lサイズ…2,420円(税込)
サイズ:S、M、L
公式サイト:D&M

ミズノマウスカバー(MIZUNO)

ミズノマウスカバー

水着や陸上ウェアなど、スポーツウェアに用いる素材を使用したミズノマウスカバーは、通気性やフィット感にこだわった快適な着用感が魅力。発売時から好評を博し、現在では子ども用のキャラクターマスクから抗菌防臭加工を施したハイドロ銀チタンマウスカバーまで、豊富なラインナップが揃う。接触冷感「アイスタッチ」を裏地に搭載した「アイスタッチマウスカバー」は、夏の暑さ対策にもおすすめ。

商品名:ミズノマウスカバー
価格:935円(税込)~
サイズ:XS、S、M、L
公式サイト:ミズノマウスカバー

NAROO MASK X1(NAROO MASK)

夏用に薄い素材を使用したスポーツマスクで、気温や湿度の高い暑いシーズンにおすすめ。UVを96%カットしてくれるので強い日差しの下でもスポーツを楽しむことができる。

商品名:NAROO MASK X1
価格:2,980円(税別)
カラー:全6種類
サイズ:フリーサイズ(20cm×23cm)
材質:ポリエステル31%、ナイロン43%、ポリウレタン26%
公式サイト:NAROO MASK

T-MAC UV COOLマスク(T-MAC)

水に濡らして使うT-MACのスポーツマスク

マスクを水に濡らして絞ることで発生する気化熱を利用し、ひんやり感を持続させる「T-MAC UV COOLマスク」。吸水性・拡散性・蒸発性に着目し開発された通気性に優れた独自の生地を使用しており、長時間使用の場合も快適な着用感を保てるのが特徴だ。

また、天然植物由来の「椿オイル」加工を施すことで、マスクによる肌へのダメージを軽減。肌に潤いを与え、整えてくれる効果があるという。

商品名:T-MAC UV COOLマスク
価格:1,760円(税別) ※2枚セット
カラー:ブラック、グレー、ホワイト
サイズ:M(31cm×13cm)、L(32cm×14cm)、LL(34cm×15cm)
材質:ポリエステル100%
公式サイト:T-MAC

ベリークールフェイスマスク(YONEX)

スポーツウェアにも採用している独自の涼感素材「ベリークール」を使用し、抗ウィルス加工やT型ワイヤー、制菌加工など6つの機能を施した「ベリークールフェイスマスク」。

特許出願中というマスクの鼻から口元にかけて入っているT型ワイヤーは、鼻と口の間に隙間を作ることで圧迫や口元への張り付きを避けられる便利な機能。呼吸を楽に、かつ快適に着用できるのが魅力だ。

抽選申し込みは終了しているが、9月中旬よりYONEX公式オンラインショップ、ショールーム、ヨネックスカントリークラブ等で販売開始予定だ。

商品名:ベリークールフェイスマスク
価格:900円(税別)
カラー:柄…ブラック、スイートピンク、アクアブルー、シルバー/単色…ネイビーブルー、アイスグレー
サイズ:SM(女性~ジュニア用)、ML(大人用)
材質:表地・表地…ポリエステル100%/紐…天然ゴム、ポリエステル/ストッパー…ポリ塩化ビニル、ABS樹脂/T型ワイヤー…ポリエステル、ポリ塩化ビニル
公式サイト:YONEX

秋~冬におすすめのスポーツマスク7選

F.U+(NAROO MASK)

NAROO MASKのFシリーズは、花粉や大気中のホコリを除去する新技術のマイクロネットフィルター構造のスポーツマスク。蛇腹(じゃばら)構造のフィルター部分でホコリ・花粉・微粒子をシャットアウト。オールシーズン使えるのがうれしい。中性洗剤で手洗いすることで繰り返し何度も使える。

商品名:F.U+
価格:2,690円(税別)
カラー:ブラック
サイズ:S(16cm×10.5cm)、L(18cm×12cm)
材質:ポリエステル46%、ナイロン42%、ポリウレタン12%
公式サイト:NAROO MASK

T-MAC UV抗菌快適マスク(T-MAC)

天然植物由来の「椿オイル」を使用し、保湿・抗菌効果を備える「UV抗菌快適マスク」は、乾燥しがちなウィンタースポーツやエアコンを多用する室内にぴったり。

また、生地を2重構造にすることで通気性が向上。長時間付けていても蒸れにくく、また眼鏡と併用しても曇りにくいのが特徴だ。UVカット98%、紫外線保護指数 UPF50+で紫外線対策にもおすすめ。

商品名:T-MAC UV抗菌快適マスク
価格:1,760円(税込) ※2枚セット
カラー:ブラック、グレー、ホワイト
サイズ:M(31cm×13cm)、L(32cm×14cm)、LL(34cm×15cm)
材質:ポリエステル100%
公式サイト:T-MAC

ASICS RUNNERS FACE COVER(ASICS)

ランナーが飛沫拡散を抑えつつ呼吸しやすいよう開発された「ASICS RUNNERS FACE COVER」は、マスクを付けていないような通気性と快適性が特徴。2層構造になったマスク本体のトップレイヤー(外層)には、リサイクルポリエステルを約31%配合し、さらに抗菌加工を施した速乾性のある素材を採用。これにより、内側にこもる熱気を吸収・乾燥させてイヤな蒸れを軽減できる。

また、ボトムレイヤー(内層)は、マスク下部にメッシュ素材を搭載。呼気を下方に排出する構造により、飛沫拡散を抑制しつつ、通気性を向上させている。マスクの紐はドローコードでサイズ調節できるため、より自分の顔にフィットさせやすい。

商品名:ASICS RUNNERS FACE COVER
価格:3,800円(税別)
カラー:ピーコート
サイズ:L(約13.8cm×21.6cm)
材質:ポリエステル100%
公式サイト:ASICS

UAスポーツマスク(アンダーアーマー)

通気性に優れたポリウレタン製フォームと独自の立体構造によるエアポケットで、より呼吸がしやすく快適に着用できる「UAスポーツマスク」。マスク本体にはやわらかいUAベースレイヤー生地を採用。さらにノーズブリッジを施すことで、個人個人の顔にしっかりフィットさせられるのが特徴だ。

また、マスクと顔にできる隙間を極限まで抑えられるため、マスクを付けている際に起こりやすい眼鏡の曇りを軽減。肌に触れる部分には抗菌加工を施した冷感素材のアイソチルを使用しており、夏場でも大活躍間違いなし。

商品名:UAスポーツマスク
価格:3,000円(税別)
カラー:ブラック
サイズ:SM/MD、MD/LG、LG/XL、XL/XXL
※XL/XXLサイズは直営店、および公式サイトのみの取り扱い
材質:本体=ポリエステル 耳部・裏地=ナイロン、ポリウレタン フィルター部=ポリウレタン
※マスク専用キャリーバッグ付き
公式サイト:アンダーアーマー
UAスポーツマスク 特設ページ​​

フリースネックウォーマー(アンダーアーマー)

従来の「UAスポーツマスク」に比べて、フリース部分の面積を増やした「フリースネックウォーマー」。寒さが厳しい屋外でも、暖かさと高い保温性を感じられる。後部のアジャスターによりフィット感の調節ができるため、冷たい風が入り込む心配もない。また、外して首にかけることでネックウォーマーとしても使える。

商品名:フリースネックウォーマー
価格:4,000円(税抜)
カラー:ブラック、ネイビー​
サイズ:SM/MD、LG/XL​​
公式サイト:アンダーアーマー
UAスポーツマスク 特設ページ​​

アクティブネックゲイター(アンダーアーマー)

「アクティブネックゲイター」は、従来の「UAスポーツマスク」より冷感素材・アイソチルの面積を増やすことで、激しいトレーニング中も快適さが持続。こちらも後部のアジャスターでサイズ調節が可能で、顔の形にしっかりフィットし動きを妨げる心配もない。通気性に優れ、しっかり固定しても呼吸しやすいのがメリットだ。

商品名:アクティブネックゲイター
価格:3,000円(税抜)
カラー:ブラック、ネイビー、パープル​
サイズ:SM/MD、LG/XL​​
公式サイト:アンダーアーマー
UAスポーツマスク 特設ページ​​

ATB-UV+MASK(NEWSCHOOL)

安全性・機能性を最重要視する「ATB-UV+MASK」は、UVカットや花粉カット、吸水速乾など複数の検査項目をクリア。長時間着用しても耳が痛くなりづらい優しい着け心地が有難い。

マスク本体は口と鼻の先端に空間がある立体構造になっているため、通気性が高く呼吸しやすいのもポイント。カーキやグレーなど、秋冬にぴったりの6色展開だ。

商品名:ATB-UV+MASK
価格:900円(税抜)
カラー:ブラック、ネイビー、グレー、カーキ、ベージュ、ライトグレー
サイズ:S、M、L
材質:ポリエステル88%、ポリウレタン12%
公式サイト:NEWSCHOOL

防寒・熱中症対策に使える「ネックゲイター」

ネックゲイターとは、首元から口元まで覆うことができる筒状のアイテムのことである。首回りを温めるために秋冬に使用する防寒用が一般的であったが、近年では冷感素材を使用した夏用のネックゲイターも多数登場している。

定番の素材はフリース、ウール、化繊の3種類。夏用であれば化繊がいいだろう。また、冷感に加え、速乾性に優れたものやUVカットといった紫外線対策を備えているものもある。ネックゲイターについてさらに詳しく知りたい人は、下記の記事を合わせて読んでほしい。

運動時はもちろん、通勤・通学や防寒対策、炎天下での作業まで一年中大活躍しそうなスポーツマスク。不織布マスクより呼吸しやすいだけでなく、洗って繰り返し使えるエコなマスクとしても注目されている。また、スポーツメーカーならではのスタイリッシュなデザインも魅力のひとつ。お気に入りのスポーツマスクを手にすれば、億劫なマスク生活も今より少し晴れやかになるかもしれない。

※完売・品薄・品切れ状態のアイテムが含まれるため、詳細は各メーカーの最新情報をご確認ください。

あわせて読みたい