コロナ禍においてリモートワークやWEBミーティングにすっかり順応した毎日だが、職業上、普段からメモを取ったり簡易的なToDoリストを作って仕事を管理するのは日常茶飯事。わざわざスケジュールアプリに書き込むほどではなく、とはいえエコや経費の観点から紙のメモ帳も使いたくない。充電が必要なタブレット型メモ端末やiPadを立ち上げるのも面倒だ。もっと軽くて気軽に落書きができるガジェットが欲しい……。そんな悩みを解決してくれそうなアイテムを発見した。

書きやすくて消しやすい、しかも軽くて持ち運びに便利!

合成樹脂の加工技術で工業・文化財・森林の市場を手がける第一合成株式会社が、9FEET Design (ナインフィートデザイン) と共同開発したカバー一体型のパーソナルホワイトボード「WIPE」。

このアイテム「ありそうでなかった」と「あったらいいな」を詰め込んだホワイトボードだ。便利な電子機器が当たり前にそばにある生活の中で、単純だけど「書いて消す」をシンプルに追求した商品。

テンポ良く思いついたアイデアや、書き留めたいメモ、図や文字を使って手軽に説明したい時に、パッと取り出して書くことができる機動力の良さは、まさに求めていたもの。

カバーの内側が全面フェルト貼りになっているため、イレイサー(消し面)として満点の活躍ぶり。隅々まで書き込んだメモだって素早く消すことができる。また、滑らかな書き心地がクセになるホワイトボードシートは、インクの消し跡が残りにくい材質になっている。そして地味にありがたいのが、自立するデザイン。立てて置けるので書き込みやすく、眺めやすい。

磁石とゴムバンドを組み合わせたMag Force Systemによるカバーの開閉やペンホルダーもシステマティックだし、A4よりすこし小さいサイズで軽さ130gと収納しやすく持ち運びが楽な点、3:2の縦横比のためスマホで撮影しやすい比率など痒い所に手が届く仕様となっている。

デジタル化が進み、PCひとつで様々な仕事が完結する世の中だからこそ、アナログの利点が際立つこともある。重要なのはデジタルとアナログを使い分け、仕事の効率をよりよくするための工夫だと「WIPE」が教えてくれるのだ。

【商品概要】
商品名:WIPE
販売予定価格:3480円(税込)
パーソナルホワイトボードの新定番「WIPE」

あわせて読みたい