大人のおしゃれアイテム「アンティーク腕時計」。だが、アンティーク腕時計に対して「古臭い」と、思っている人もいるのではないだろうか? 確かに、アンティークという言葉は「100年以上経ったもの」という意味を持つため、古臭いイメージを持つのも仕方がない。

しかし、アンティーク腕時計はヴィンテージモデルならではの魅力があるほか、大人のおしゃれアイテムとしていま注目を集めている。本記事を最後まで読めば、魅力的なアイテムだと認識できるだろう。

■アンティーク腕時計とは?

アンティーク腕時計とは、1970年代以前に作られた腕時計のことであり、ヴィンテージ時計と呼ばれることもある。

本来のアンティークという言葉は「100年以上経ったもの」を意味するが、アンティーク腕時計に関してはその意味があてはまらない。

そもそも腕時計の歴史自体が100年ほどしかないため、1970年代以前に作られた製品をアンティーク腕時計と呼ぶのが一般的である。ただし、最近では1980年代に作られた腕時計もアンティーク腕時計に含まれている。

■アンティーク腕時計の魅力

多くのファンを魅了するアンティーク腕時計は、最新の腕時計とは違った魅力がある。アンティーク腕時計最大の魅力は、なんといってもその優れたデザイン性だ。時代を感じさせるその見た目はロマンそのものである。

また、アンティーク腕時計は見た目だけでなく耐久性にも優れており、壊れにくい作りになっている。さらに、一部のアンティーク腕時計は当時のオーダーメイド品である可能性がある。経年変化も加わり、さらなる魅力を秘めていることだろう。

そのほか、アンティーク腕時計はオリジナル性が高く、生産も終了しているため、他人の腕時計と被りづらいという魅力もある。そのことから「友達が同じ腕時計をつけていて悲しくなった」という現象はまず起こらないだろう。

■アンティーク腕時計の取り扱い方

アンティーク腕時計の取り扱いはそれほど難しくない。日常生活で汚れた箇所を丁寧に拭き取るくらいである。ただ、アンティーク腕時計を手入れする際は、ゴシゴシと強く拭かずに、宝飾品を手入れするように優しく拭こう。

また、アンティーク腕時計は水滴や水気に弱いため、雨で濡れそうな日や汗をたくさんかいたときは、すぐに腕時計を外そう。昔の腕時計なので防水性が低く、時計の内側に水分が入ってしまうためだ。

中には防水性が高いアンティーク腕時計もあるが、長い年月で防水性が弱まっているため注意しよう。

■アンティーク腕時計の平均相場

アンティーク腕時計を高額商品だと思っている方も多いはずだ。しかし、アンティーク腕時計はすべてが高級というわけではない。現行品ではなく中古品であるため、一般的な高級腕時計よりも安価で購入できる可能性が高い。

ただし、平均相場は種類や時期によって大きく異なる。例えば、人気がない無銘時計であれば数千円から数万円程度で購入できる。一方、プレミアが付いている高額アンティークの場合、数百万円以上する製品もザラにある。

このように、アンティーク腕時計は種類や時期によって価格が大きく異なるため、平均相場を算出するのは難しい。ちなみに、代表的なアンティーク腕時計は、カルティエ、ロレックス、パテック フィリップ、オメガ、チューダーなどがあげられる。

単なる価格に囚われず、自分好みのアンティーク腕時計を見つけてほしい。

■まとめ

本記事では、アンティーク腕時計の魅力や平均相場について解説した。アンティーク腕時計は決して古臭いアイテムではなく、大人のロマンが詰まった魅力的なアイテムだ。身につけることでほかの人とは一味違う雰囲気を演出できるだろう。

ただし、アンティーク腕時計には防水性が低いという弱点もあるため、取り扱いには十分注意しよう。本記事を読んでアンティーク腕時計に興味が湧いた方は、ぜひ購入を検討してみてほしい。