男性なら一度は憧れを抱くであろう高級腕時計。この高級腕時計は、イケてる男性の必需品として古くから使用されてきた腕時計である。

今回は、高級腕時計の定義や選び方について解説する。最後まで読めば、高級腕時計の魅力を深く理解できるだろう。

■高級腕時計の定義とは?

そもそも高級腕時計とは一体何を指すのだろうか? 実のところ、高級腕時計の明確な定義は存在しない。ただし、日本では機械式時計をはじめとした「本格的な腕時計」を指すことが多い。

機械式時計はゼンマイを動力としており、「手巻き式」と「自動巻き式」の2つに大きく分けられる。手巻き式はゼンマイを巻き上げるために、リューズといわれる時刻やカレンダーを調節する部分を手で回す必要がある。一方、自動巻き式はリューズを手で回すことに加え、ローターが回転することでゼンマイが巻き上げられる仕組みとなっている。

ちなみに、腕時計そのものは19世紀の初め頃から高貴な女性用として身につけられていた。ブレスレットをつけた宝飾品のように、かなり古くから愛用されている。

■高級腕時計の魅力

今の時代、高級腕時計を身につける意味はあるのだろうか? 時刻の確認や利便性についてはスマートフォンやスマートウォッチで事足りる。むしろ、高級腕時計は重量があるため邪魔になる可能性すらある。

しかし、高級腕時計にしかない魅力がいくつも存在している。例えば、芸術品のような味わい深い魅力がある点だ。機械式時計は複数の細かい部品が組み込まれており、職人技の集大成ともいえる工芸品である。

そのメカニカルな見た目は多くの男性を虜にする。また、高級腕時計のスタイリッシュなデザインは、男性だけでなく女性からも高い支持を得ている。

さらに、高級腕時計はブランド品としての価値が非常に高く、社会的ステータスとして真価を発揮する。特にビジネスの場面では、高級腕時計を身につけるだけで周囲の目を引きつけることができるほか、趣味としても普段から嗜むことが可能だ。

■高級腕時計の選び方

高級腕時計と一言でいっても種類がかなり豊富にあるため、初めて購入する人は迷ってしまうはずだ。下記のポイントを考慮して高級腕時計を選択しよう。

【ブランド】

考慮すべきポイント1つ目は高級腕時計のブランドだ。ブランドによって歴史やデザイン、機能性が大きく異なる。また、高級腕時計はステータスアイテムということもあり、ブランドの知名度が非常に大切だ。

どんなに高価な腕時計を身に着けていたとしても、周りの人が全く知らないブランドであればステータスアイテムとして機能しないだろう。反対に本体価格が安かったとしても、有名なブランドであれば一目置かれるはずだ。

【ライフスタイル】

高級腕時計はライフスタイルに合わせて選択しよう。いくつも購入できるような値段ではないため、使用するシーンを考慮して慎重に選ぶ必要がある。

例えば、ビジネスマンとして身に着けるのであれば、派手な貴石入りは避けてスタイリッシュなデザインが最適だ。一方、プライベートで用いる場合はエレガントなドレスウォッチなどが良いだろう。

【本体価格とメンテナンス費用】

高級腕時計を購入する人の多くが考慮するであろう本体価格。本体価格によって性能やブランドが大きく異なる。しかし、高級腕時計は購入時の価格だけでなく、メンテナンス費用も考える必要がある。

高級ブランドの純正品は素材が希少であり、数万円のメンテナンス費用が発生することもある。また、革ベルトは消耗品でもあるため、定期的に交換しなければならない。高級腕時計は長く使い続けるため、本体価格とメンテナンス費用の両方を考慮しよう。

■高級腕時計の代表的なブランド

高級腕時計の代表的なブランドとしては下記の7つがあげられる。もちろん人それぞれ好みがあり、ほかにも複数の魅力的なブランドが存在する。

・ROLEX(ロレックス)
・PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)
・OMEGA(オメガ)
・AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)
・A.LANGE & SÖHNE(A.ランゲ&ゾーネ)
・GRAND SEIKO(グランドセイコー)
・TAG HEUER(タグ・ホイヤー)

同じブランドを長く愛用することで、高級腕時計の魅力を最大限楽しめるはずだ。ぜひ自分好みのブランドを見つけてみてほしい。

■まとめ

今回は、高級腕時計の魅力や選び方を詳しく解説した。高級腕時計の明確な定義は存在しないが、日本では機械式時計をはじめとした本格的な腕時計を指すことが多い。

スマートウォッチに比べて機能性に欠ける高級腕時計だが、魅力をあげるとキリがないほど心惹かれる腕時計だ。ぜひ本記事を参考にし、自分に合った高級腕時計を探してみてほしい。