スイスの高級腕時計ブランド「オーデマ ピゲ」。オーデマ ピゲは世界五大高級時計メーカーに数えられるくらい有名なブランドだが、「詳しくは知らない」という方もいるかもしれない。

そこで今回は、オーデマ ピゲの歴史や魅力、定番コレクションを解説する。最後まで読めば、オーデマ ピゲの素晴らしさを深く理解できるはずだ。

■高級腕時計ブランド「オーデマ ピゲ」の歴史

高級腕時計ブランド「オーデマ ピゲ」は、2人の天才時計技師によって始まった。1875年、スイスのジュウ渓谷のル・ブラッシュにて、当時22歳だった「ジュール=ルイ・オーデマ」氏は時計工房を創業した。

そして、もう1人の天才技師「エドワール=オーギュスト・ピゲ」氏は、オーデマより2歳年下の幼馴染である。オーデマは技術力に特化した時計師である一方、ピゲは技術力だけでなく営業力も優れていた。

この2人の時計師は高級時計用のムーブメントを制作していたが、1882年にブランド名「オーデマ ピゲ」として新たな事業をスタートさせる。自社製品のコンプリケーション機構ムーブメントの開発・製作はオーデマが担当し、営業力のあるピゲが営業担当となる。

オーデマ ピゲのブランドは順調に成長し、1888年にはロンドンやパリ、ニューヨークなどに代理店を出店するほどだ。その後、オーデマ ピゲは高度なデザインと技術力を組み合わせ、数々の高級腕時計を製作していった。そして、1972年には時計業界の常識を覆した「ロイヤル オーク」を開発した。

■オーデマ ピゲの魅力

オーデマ ピゲの歴史は大まかに理解できただろうか? 続いて、オーデマ ピゲの魅力について解説していく。

【小型化・薄型化への挑戦】

オーデマ ピゲは腕時計の小型化・薄型化への挑戦を続けた。オーデマとピゲは2人の息子たちに世代交代をした後、1921年に世界で最も薄い懐中時計を開発する。その厚さは僅か1.32mmであり、世界中から注目を集めた。

しかし、彼らの小型化・薄型化への挑戦はまだ終わらない。その後の1938年には厚さ1.64mmの手巻き式ムーブメントを開発した。

さらに1978年には厚さ7.8mmのパーペチュアルカレンダー搭載モデルを、1986年には厚さ4.8mmのトゥールビヨン搭載モデルを開発するなど、時計業界に対して大きなインパクトを与えた。

【緻密なプロセスによるデザイン性】

オーデマ ピゲの魅力はなんといっても、職人が作り上げるそのデザイン性だ。オーデマ ピゲのデザインは、デザイナーによるラフスケッチから始まり、技術開発部門とのスムーズな連携によって進められる。

その後、スケッチを基に3Dモデルを仕上げ、パーツの構成を練るなど緻密なプロセスを経てオーデマ ピゲの製品は完成する。こうしてでき上がった腕時計は素晴らしいデザイン性を誇り、世界中から愛される逸品となるのだ。

■オーデマ ピゲの定番コレクション

数多くの素晴らしいモデルを開発しているオーデマ ピゲ。今回は定番となる3つのコレクションを紹介しよう。オーデマ ピゲ製品の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてほしい。

【ロイヤル オーク】

オーデマ ピゲの代表ともいえる「ロイヤル オーク」。このロイヤル オークの初出は1972年であり、これまでの腕時計の認識を一変させた。

当時の高級腕時計は金無垢が一般的であったが、ロイヤル オークはステンレススティール製を採用し、八角形のベゼルを備えている。このロイヤル オークの登場によって、「ラグジュアリースポーツウォッチ」という新たなジャンルが誕生するほど、オーデマ ピゲの中では定番コレクションである。

【ロイヤル オーク オフショア】

ゴツゴツとしたデザインが特徴的な「ロイヤル オーク オフショア」。1993年が初出で、ロイヤル オークより大きく男性的に仕上がった腕時計だ。

当時「ジャンボ」と表現されていたロイヤル オークはケース径39mmだが、このロイヤル オーク オフショアはそれよりも大きい42mmケースで登場した。また、確かな防水性能など、性能面も素晴らしいコレクションである。

■まとめ

本記事では、オーデマ ピゲの歴史や魅力、定番コレクションを解説した。今でさえ有名なオーデマ ピゲは、2人の天才時計技師によって創られた。

オーデマ ピゲにはたくさんの魅力があり、世界中の人々から長く愛されている。オーデマ ピゲの歴史や魅力を理解した上で、ぜひ自身に合った素晴らしいモデルを見つけてほしい。