65409AirTagの3つの使い方を解説! これ一つで落とし物問題は解決!

AirTagの3つの使い方を解説! これ一つで落とし物問題は解決!

編集部
目次

はじめに

世界の大手携帯電話メーカーであるAppleは物を紛失した際に見つけることができる「AirTag」という物を販売している。使い方さえわかれば、誰でも簡単に利用することができる。

そのため、「AirTag」は、iPhoneを利用している方ならぜひ持っておいて欲しいアイテムである。

本記事では、AirTagの実際の使い方について紹介した後に利用時の注意点について紹介していく。

また、AirTagを購入した際に一緒に持っておくと、便利なアイテムについても紹介していくので、興味がある方は最後まで本記事をご覧いただきたい。

AirTagとは

物を紛失した際に、大きく役に立つAirTagは日本国内だけではなく、世界中で利用者が多いアイテムとなっている。

しかし、iPhoneを利用している方の中でもAirTagの実際の使い方やAirTag自体について理解している人は少ない。

AirTagとは、先ほどからも説明しているように、Appleが2021年の4月30日に発売した紛失防止タグのことを指す。

AirTagを財布やキーチェーン・自分のリュックにつけておくことによって、自身の持ち物の現在地を知ることができるのである。

AirTagの仕組み

AirTagの中には、米軍が軍事用に開発した超広帯無線(UWB)を活用した小型チップが入っている。このUWBを米軍はレーダーや探知機の技術に応用していたのである。

現在は、民間の企業に対してもUWBの技術を応用する許可が下りており、さまざまなApple製品に搭載されている。

iPhone11以降に、UWBを応用した小型チップが搭載されており、AirTagの位置を正確に捉えることを可能にしている。

AirTagは、Bluetoothの信号で近くのApple製品に位置情報を送信し、自動的にiCloudに情報をアップロードする。その後、「探す」のアプリを利用することによって利用者は遠いところからも無くした物を追跡することができる。

AirTagの3つの使い方

AirTagを利用するためには、利用方法に気を使う必要がある。したがって、ここからはAirTagの使い方について5つ紹介する。

AirTagの使い方がわからない方は、ぜひともすべてに目を通していただきたい。

近くにあるAirTagを探せる

AirTagを近くで探すことができる機能を最初に紹介していこう。この機能を利用したい場合には、「正確な場所を見つける」という機能を利用する必要がある。

この機能を利用することによってAirTagの正確な位置や距離、方角を端末上で表示することができるのだ。つまり、地図ではわからない情報を得ることができる。

また、AirTagから音を出すことによって、見つけにくい場合にも発見を容易にすることができる。

しかし、AirTagの「正確な場所を見つける」機能は約10m圏内の範囲でしか利用できないので注意する必要がある。

そのため、この機能を利用する際には、家や室内などでの利用を勧める。「正確な場所を見つける」の機能の具体的な使い方は下記のようになっている。

  1. 「探す」アプリを開く
  2. 対象のAirTagを選択し、「探す」を押す
  3. 端末にAirTagを接続させる
  4. 接続後、画面にAirTagの位置情報が表示される

先ほど、「正確な場所を見つける」機能は10m以内の範囲でしか利用できないということを説明した。だが、今後はアップデート次第で探す範囲が広がる可能性があるので、最新の情報を常にチェックすることを勧める。

遠くにあるAirTagを探せる

次に、遠くにあるAirTagを探したい場合の利用方法について紹介していく。

この機能は近くのAppleユーザーが自身のAirTagの近くを通ることによって、位置情報がiCloudに送信される。この機能を利用する場合には、下記の手順で確認をする必要がある。

  1. 「探す」アプリを開く
  2. 「持ち物を探す」という項目をタップ後、対象のAirTagを選択する
  3. 最終の位置情報が地図上で表示される

上記では、遠くにあるAirTagを探す場合の確認方法について紹介した。そこで、最終の位置情報を確認できるという文言に注目してほしい。

最終の位置情報が確認できるということは、近くにAppleユーザーがいなければ最新の位置情報が更新されないということになるのだ。

そのため、森林や人通りが少ない場所でAirTagを紛失してしまうと捜査が困難になるので注意をする必要がある。

人のAirTagを拾ったら

最後に、人のAirTagを発見した場合の使用方法について紹介していこう。ここでは、紛失をした際の対応と発見した際の対応の2つについて紹介する。

AirTagを紛失したことが発覚した場合

AirTagを紛失した際には、下記の手順をする必要がある。

  1. 「探す」アプリを選択して、「持ち物を探す」をタップ
  2. 対象のAirTagを選択して、「紛失モード」を有効にする
  3. 「続ける」をタップし、連絡先とする電話番号などの情報を入力する
  4. 画面右上にある「有効にする」をタップ

この際、連絡先とする電話番号はメールアドレスを使用することができる。当サイトでは、即座に連絡が繋がる機械や連絡先を推奨する。

AirTagを発見した場合

AirTagを発見した場合には、下記の対応をすることによって持ち主に位置情報を送信することができる。

  1. スマホをAirTagにあてる
  2. 画面にある通知をタップ
  3. 画面にある連絡先に連絡をするor交番に届ける

AirTagを発見した際のこの機能はandroidでも使用することができる。そのため、AirTagの発見次第、上記の対応をすることを願いたい。

AirTagを使う際の注意点を5つ紹介

AirTagを利用する際には、注意点を守ることによって最大限に機能を活用することができる。AirTagを使用する際の注意点は、主に5つある。

バッテリーの交換をする必要がある

AirTagを利用する場合には、バッテリーの交換を定期的にする必要がある。

一般的に、AirTagのバッテリーは約1年間持つと言われており、1年を基準にバッテリーを交換することが推奨されている。

バッテリーがないと、機種を利用することが困難になり、実際に自身の持ち物を紛失しても発見することができない。

電波が届かない所では機能しない

人が多い所やAppleの製品を利用している人が近くにいれば、自身のAirTagの位置を確認することができる。

しかし、電波が届かない所である場合にはAirTagを発見することが困難になる。なぜなら、AirTagは近くのApple製品を通じて、自身の位置情報をiCloud上にアップロードしているからだ。

ハイキングなどによって、山中に行く機会が多い人などは注意をしていただきたい。

急に音が鳴ることがある

AirTagを利用しており、登録しているiPhoneから一定時間、距離をおいてしまうと急に音が鳴ることがある。

そのため、他人が自身のAirTagを保有していると音が鳴る。盗難防止などを防ぐ意味でもAirTagは有効であるということがわかるだろう。

しかし、音量が60㏈しかないので、聞き逃してしまうという可能性もあることを理解しておく必要がある。

機種によって利用できない

AirTagは機種によっては利用できない場合がある。例えば、androidなどの携帯の機種ではAirTagの同期をすることができない。

また、AirTagはiPhone11以降の機種であれば、より正確に位置情報を知ることができるので、iPhone11以降のiPhoneを利用している方にとっては朗報である。

人の追跡には向いていない

AirTagを子供や配偶者の持ち物に取り付けて、人の追跡をすることはできない。なぜなら、前述したように、親機のiPhoneから一定以上の距離が離れてしまうと音が発生してしまうからである。

そのため、子供の見守りや迷子防止にAirTagを使用したいと考えている方は別の方法を検討することを強く勧める。

AirTagを購入した際に一緒に購入するといい物

ここからは、AirTagを購入した際に一緒に購入することを進めている便利グッズについて紹介していく。AirTagの購入を検討している方は、ぜひとも一緒に購入することを検討して欲しい。

入れ替え用の電池

AirTagは電池によって動いている電子機器なので、定期的に電池を交換する必要がある。そのため、AirTagを購入した際には、電池を一緒に購入することを勧める。

AirTagは、コイン型電池(CR2032)を電源としており、プラス面を上にして、電池を交換する必要がある。

コイン型電池は、オンラインに限らずコンビニやドラッグストアに売っているので、電池が無くなったらすぐに購入することができる。

保護シート・カバー

AirTagを購入したら、保護シートや保護カバーを購入しておくことを推奨する。なぜなら、AirTagに傷がつかなくなるからである。

どうしても、保護シートや保護カバー無しにAirTagをバッグや財布に入れておくと傷がついてしまう。

したがって、保護シートやカバーをつけておくことによって、前述した問題を解決することができるのである。

まとめ

ここまで、AirTagの具体的な使い方などについて紹介してきたが、いかがだっただろうか。

AirTagは、持ち物の紛失や盗まれた際に居場所を見つけるための有効なアイテムであり、現代では多くの方が利用している。

しかし、iPhoneユーザーしか使用できないという点やバッテリーを交換する必要があるという点があり、注意する点もあるということを理解して頂きたい。

男の隠れ家デジタルでは、AirTag以外にも便利なアイテムを数多く紹介している。また、他にもお酒の飲み方や本サイトでおすすめの商品を紹介している。

興味がある方は、ぜひとも他の記事も読んでみて欲しい。

▼あわせて読みたい

編集部
編集部

いくつになっても、男は心に 隠れ家を持っている。

我々は、あらゆるテーマから、徹底的に「隠れ家」というストーリーを求めていきます。

Back number

バックナンバー
More
もっと見る