67571ツッコミどころ満載! ミニゲーム搭載のヤバいキーボードが登場したのよ

ツッコミどころ満載! ミニゲーム搭載のヤバいキーボードが登場したのよ

編集部
このプロジェクトを発見したとき思わず「マジかよ」と言葉が漏れた。そのくらい衝撃的で意味がわからなくて、でもなんだか欲しくなる魅力的な製品。鉄製の手作りメカニカルキーボード「bitt101(ビット101)」は正直ヤバい!

この遊び心を忘れちゃいけないよね

現在Makuakeでプロジェクト開催中のbitt101。とにかくものすごいスペックで、この世に登場したのだ。

・最新の高性能プロセッサー搭載
・デュアルコアを持つ「RP2」採用
・LUAエンジン搭載
・マクロ機能、優れた反応速度、ゲーム機のようなスムーズな入力、楽しさ・可愛さを実現
・ちょっとした時にできるミニゲーム

えっと……。どういうことかな?

さらに、さらに。

・重量2.5kg以上の“重い”安定感
・“鉄製手作り”ハイエンドキーボード
・音と感触へのこだわり
・カスタマイズ

などなど。

とにかく現代人の多くがキーボードに求める要素とは一線を画す仕様となっている。2.5kgもある鉄製のキーボードを持ち歩くなんてもってのほかだし、なぜミニゲームが搭載されているのか?

しかしこのプロジェクトの実行者(開発者1さん)、何気にすごい人だったりする。京都大学大学院情報学研究科修士、機械学習を専攻の後、ヤマハ電子楽器研究所、サムスン電子メディア研究所で勤務するなどバリバリの“その道”の人なのだ。

ディープなキーボードマニアで設計とものづくりが得意なもう一人の実行者(開発者2さん)と共に、極々真面目に「本物の新しい」「本物のカスタム」キーボードを作ろうとしている。

電子基盤はもちろんハードウェアからソフトウェアに至るまで、すべてを再開発したという。最新の高性能プロセッサー「RP2」を搭載することで、マクロ機能や優れた反応速度を実現。また、ゲーム機のようなスムーズな入力、楽しくて可愛い画面出力が可能となっている。

キースキャンの速さ、LEDの色が変化する自然さ、反応速度、あらゆる部分で従来のQMKファームウェアを搭載するキーボードとは比べものにならない。

一点一点、鉄板を曲げ溶接を施し塗装するという製造工程にもゾクゾクする。大量生産では味わえないズレやテキスチャーもオリジナルの証だ。

さらにLUAエンジンが搭載されているためスクリプトを作成してキーボードに与えることができる。なに、心配することはない。スクリプトはファイルコピーで簡単に与えられるため素人でも楽しむことができる。

そして何より右上に設置されたモニター。ここでは搭載されたミニゲームで遊ぶことができるほか、キーボード自身の状態や統計を表示させたり、スイッチの寿命報告などもしてくれるという。

※ミニゲームはファームウェアのアップデート時に追加される。

もちろんスクリプトを書けば自分専用のミニゲームも作ることができるとのこと。(予定)

まぁ、とにかく。

世界中に一定数いるといわれるキーボードマニアを満足させるだけでなく、まった興味のない一般ユーザーにも刺さるアイテムが登場したといえるだろう。

人生もキーボードも遊び心を忘れちゃダメよね。

【商品概要】
製品名:bitt101
公式HP:【bitt101】真のオリジナル、真のカスタム、鉄製手作りメカニカルキーボード

男の隠れ家デジタルではオリジナリティあふれる最新ガジェットやお役立ち情報を随時更新中。

▼あわせて読みたい

編集部
編集部

いくつになっても、男は心に 隠れ家を持っている。

我々は、あらゆるテーマから、徹底的に「隠れ家」というストーリーを求めていきます。

Back number

バックナンバー
More
もっと見る