made in JAPAN モノのカタチ 日本編

眺めるだけでも楽しい古道具。大切に使われてきた日本製の古道具たちをご紹介。新品にはない味わいと使い込まれた質感が美しい。古道具からインテリアのアイデアを膨らませよう。

【デスクライト】

電器店で職人が使っていた戦前のデスクライト。カサはアルミ、台座はアンチモニー製。

【片口】

昭和初期に一般家庭で使用されていたアルミ製の片口。使い込まれた質感が味わい深い。

【ハエ取り器】

大正~昭和初期頃に使われていたガラス製のハエ取り器。部屋の飾りやフラワーベース、金魚鉢などに。

【軟膏入れ】

戦前に病院で使われていた軟膏入れ。陶器の滑らかな質感とシンプルモダンなフォルムが魅力的。

【栓抜き】

戦時中に作られたキリンビールのロゴ入り栓抜き。金物類は軍需資材として供出されたため、陶器で代用されていた。

【じょうご】

蜂の巣状に穴のあいた濾過用のじょうご。陶器製で昭和初期のもの。一輪挿しなどにも使えそう。

【タバコ入れガラス瓶】

タバコ入れとして使われていた蓋付きのガラス瓶。大正~昭和初期のもの。小物入れやキッチンツールに。

【水筒】

軍隊用の水筒。アルミ製なので、軽くて持ち運びに便利。カバーを外せば直火にも対応できる。

【櫛洗い】

清楚な絵柄の藍九谷。江戸時代初期のもので、当時は中に水を入れ、つげ櫛を洗っていた。

【水指】

ヤカンのようにも見えるが、実は茶道で使われる銅製の水指。蓋のつまみや注ぎ口に繊細さが漂う。

【蕎麦猪口】

スズ製の蕎麦猪口。幕末~明治期のもので、独特の光沢と質感が楽しめる。

【かき氷器】

昭和初期の手動式かき氷器。表面には波や鯉の図柄が大胆に描かれている。

※2010年取材

TEXT/Kimiko Honma PHOTO/Ryuma Nobe 撮影協力/イワノ古道具店、桜花園