「袋ラーメンをもっと美味しく食べたい!」そう思った人のために、今回はアレンジレシピを2つ紹介しよう。

大前提として、インスタントラーメンは本来の作り方で食べても十分美味しい。ただ、ひと手間を加えることで別の味わいを楽しむことができる。アレンジレシピのバリエーションを増やしてインスタントラーメンをさらに楽しもう。

■にんにくたっぷりの本格味噌ラーメン

まず1つ目に紹介するアレンジレシピは、「にんにくたっぷりの本格味噌ラーメン」だ。インスタントの味噌ラーメンをそのまま食べても味わい深いを楽しめるが、一工夫を加えることでさらに本格的になる。アレンジのやり方によっては自宅にある材料で簡単に作れるため、ぜひ一度試してみてほしい。

<必要な材料>

・インスタントラーメン(味噌)
・付属の粉末スープ
・玉ねぎ 2分の1個
・もやし 100グラム
・煮玉子 1個
・にんにく 2粒
・味噌 小さじ2杯
・カットバター 少量
・コーン缶 少量
・サラダ油 少量
・水 500cc

<手順>

①まずはにんにくをみじん切りに、玉ねぎをざっくりと薄切りにする
②少し深めのフライパンにサラダ油とにんにくを入れて弱火にかける
③にんにくの水分がある程度飛んだら、玉ねぎを加えてじっくりと炒める
④焦げない程度に火を通したら、味噌を追加して油と混ぜ合わせる
⑤しっかり火を入れた後にもやしを加え、軽く炒めて水500ccを入れる
⑥強火にして水が沸騰したらインスタント麺を入れて時間通りに茹でる
⑦途中で粉末スープを入れて味を調整する
⑧器に盛って煮玉子・バター・コーンを添えて完成

このレシピのポイントは、にんにくの火入れと味噌の香りを引き出すところだ。にんにくが焦げないように弱火でじっくりと火を通そう。

なお、煮玉子は自分で作ると時間がかかるため、コンビニやスーパーで購入することをおすすめする。特殊な材料を使わず、自宅で本格的な味噌ラーメンを楽しめるはずだ。また、にんにくの量や好みの野菜を追加すれば、さらにアレンジを加えられる。

■ひき肉と野菜を使ったあんかけ塩ラーメン

野菜をたくさん食べたいという人は、「ひき肉と野菜を使ったあんかけ塩ラーメン」を試してみてほしい。インスタントの塩ラーメンにひと手間加えるだけで、お店で食べるような味わいが楽しめる。意外とアッサリしているため、薄味が好み人にもおすすめだ。

<必要な材料>

・インスタントラーメン(塩)
・付属の粉末スープ
・鶏ひき肉 100グラム
・かぶ 1個
・玉ねぎ 2分の1個
・ニラ 3分の1束
・ピーマン 2個
・もやし 100グラム
・創味シャンタン 小さじ1杯
・ブラックペッパー 少量
・サラダ油 少量
・水 150cc+500cc

<手順>

①まずは玉ねぎを薄切り、ニラを2cmほどにざく切り、かぶとピーマンを1口大にカットする。この際、かぶの葉も忘れずにカットする
②フライパンに油を入れて鶏ひき肉を炒め、火が通ったらかぶと玉ねぎを加える
③かぶと玉ねぎにも火が通ったらニラ・ピーマン・もやしを入れて炒める
④水150cc・創味シャンタン・かぶの葉を加えて煮詰める
⑤煮詰めている間に、鍋に沸かしたお湯でインスタント麺を茹でる
⑥器に粉末スープを入れて茹で汁でスープを作っておく
⑦麺が茹で上がったら器に移し、煮詰めた具材を上に乗せる
⑧ブラックペッパーでアクセントをつけて完成

かぶを入れることで片栗粉を加えなくても自然なとろみがつく。また、かぶと塩ラーメンの相性は良く、アッサリと優しい味わいを楽しめる。美味しく手軽に野菜を食べられるため、「最近野菜を食べていない」という人におすすめだ。

■まとめ

本記事では、少し手間がかかるインスタントラーメンのアレンジレシピを2つ紹介した。インスタントラーメンが好きな人でも、毎日同じレシピでは飽きてしまうだろう。

今回紹介したアレンジレシピは特別な具材を使わずに作れるため、ぜひ一度試してみてほしい。インスタントラーメンと一緒に栄養を取りたい人にもおすすめだ。