時間が人に与えるインパクトを考察したユニークな発想でプロダクトを生み出す上海発の時計ブランド「WHEN WATCH」が開発。時計全体は艶消しの黒で塗装し、針とインデックスのみ光沢の黒を採用。全てを闇に取り込むかのようなシックな佇まいは、光を浴びることで異なる表情を見せ、時刻を浮かび上がらせる。

自然界でも光によって時が示されることに着想を得て設計され、薄暗い光では針と文字盤にかすかな反射を見せ、強い光では針と文字盤の質感の違いによるコントラストを生み出す。時間に対する光の表現と、時間から光へのマッピングの2方向で、光と時間の相互関係を示している。

価格は8,360円(10%税込)。無駄を削ぎ落とした漆黒の舞台で光と時間が繰り広げる饗宴を、ただ静かに眺める無の時間もまた贅沢だ。

Gloture