67302ゴルゴかな? サバゲー愛好家の部屋はまるでアニメの世界のようだ!

ゴルゴかな? サバゲー愛好家の部屋はまるでアニメの世界のようだ!

編集部
目次

■エアガンをカスタムする作業部屋兼保管庫

レゴさん/東京都

射撃の体勢を入念にチェックしておく。

3階まで階段を上りきった先にあるのは屋根裏部屋。屋根の傾斜がまさに秘密基地の雰囲気を醸し出している。照明器具が照らすのは、重厚なエアガンの数々。この部屋の主であるレゴさんはサバイバルゲーム愛好者だ。

レゴさんの幼少時代は、ちょうど映画『ランボー』に『コマンドー』が流行った頃。重火器を操るタフな主人公に憧れたという。

進学、就職後は多忙で一時はエアガンから退いたものの、数年前より再燃。現在はメンバー数60人を数えるサバイバルゲーム小隊で副隊長を務めている。千葉をフィールドとしたゲームは月1回、季節ごとの装備で銃を操る。

「エアガンは数十挺ありますが、新製品や復刻版が出るたびに欲しくなります」とレゴさん。

増える一方の銃の整理を兼ね、屋根裏の物置部屋を改装したのは2年前。ガス管を鋼鉄の色合いにペイントし、暖色系の照明を合わせ、壁には既製品の壁掛けをペイントしてガンラックに改装。

理想の部屋は「インダストリアルな雰囲気を持たせつつ、木材を合わせて無骨さと居心地の良さを両立した部屋です」と語るレゴさん。

レゴさんにとって、秘密基地は武器庫であり、仲間の隊員たちとの作戦会議の場であり、銃をカスタムする作業場でもある。

仕事と夕食を終えたレゴさんは、ひとり屋根裏へ向かう。整然と飾り立てられたエアガンを愛でながら、愛飲のウイスキー・ジムビームを注いだグラスを傾け、静かに銃を磨き上げる。これがレゴさんにとって最高のひと時なのだ。

■PICK UP

ガス管に錆色の塗装を施し、工事現場用の照明を高さ2mの位置に取り付けたハンガー兼照明。ここで衣装確認ができる。

【ROOM DATA】
広さ/24㎡
使用年数/2年
趣味/サバイバルゲーム、お酒
Twitter ID/xxxlegoxxx

文/角田陽一 撮影/遠藤 純

▼あわせて読みたい

編集部
編集部

いくつになっても、男は心に 隠れ家を持っている。

我々は、あらゆるテーマから、徹底的に「隠れ家」というストーリーを求めていきます。

Back number

バックナンバー
More
もっと見る