X-SCOOTER LOM(glafit)

glafitが2017年に手掛けた「ハイブリッドバイクGFR-01」は、当時のクラウドファウンディングの日本新記録(資金調達1億2千万円以上)を樹立。3WAYで走行可能なバイクとして数々の賞を受賞し、同社のパイオニア的存在を確立した。

今回話題となっているX-SCOOTER LOMは、エンジンを搭載し、公道走行可能な“立って乗る”新しい乗り物。移動を楽しくしてくれるバツグンの安定感とクールなルックス、日本製の高品質、アプリによって実現した高機能と、さまざまな理想を満たした次世代の乗り物なのだ。

ポイントは、前輪12インチ、後輪10インチと前後異なるサイズの大径タイヤを採用したこと。安定感を備えるだけでなく道路にある窪み・段差・障害物等を乗り越えることができる。

また、低速運転で狭い場所を移動したり、歩くペースに合わせて走行も可能で、速度は「High 25km/h以上」「Mid 25km/h」「Eco 10km/h」の3モードからシーンに合わせてセレクト。1回の充電で約40km(テスト環境)の走行を実現した。

もうひとつの特徴は、走行をアシストするアプリ/BMSを搭載していること。パナソニックとの共同実証によって誕生した新型パナソニック製BMS(Battery Management System)は、なんと学習機能を備えている。

走行すればするほど学習を積み重ね、ユーザーの行動に合わせた航続距離や電池残量をアプリに表示。アプリではキーコードを友人とシェアすることで気軽に貸し出すこともでき、クルマやバイクなどに比べ、より手軽にシェアユースを楽しめるというわけだ。

公道走行ができるとあって、ヘッドライト、前後左右のウィンカー、後部ブレーキランプ、反射板など、走行中の安全を確保する部品も配備。デザインから設計、最終組み立てまでglafitの本社のある和歌山で行われ、長年自動車・バイク関連用品の企画や製造に取り組んできた会社だけに、保安部品もメイド・イン・ジャパンの安心感だ。ちなみに、国内では第一種原動機付自転車(原付)となる。免許証・ナンバー取得・自賠責加入・車道走行が義務づけられている。

ほかにも、折りたたみハンドルを搭載したコンパクトなポータビリティや、着脱式で充電できるバッテリー(予備の大容量バッテリーは別売)と、1週間で6,500万円を集めたポテンシャルは伊達ではない。キャンプ場内での移動などレジャーシーンでも、自宅から駅までの移動、家族でのシェアユースなど、幅広いシーンでの活躍が期待できそうだ。

【製品概要】
名称:X-SCOOTER LOM
本体重量:14.0kg(バッテリー抜き)
バッテリー重量:2.5kg
対荷重:100kgまで
充電時間:約5時間前後
走行距離:約40km(標準バッテリー/満充電状態)
カラー:ホワイト、モカベージュ、スカイブルー、マットブラック
※荷重55kgの場合の理論値です。
※走行距離はバッテリーが最も良い状態におけるものです。気象、道路、整備、乗り方などの使用条件や、経年劣化などにより実際の走行距離とは異なる場合があります。
※走行距離は満充電後バッテリー残量がなくなるまでに走行できる距離の目安です。
※坂道や荷物が多いほど、バッテリーは早く消耗します。特に、電動バイクはアシスト自転車と比べて荷重の影響を非常に強く受けます。
※バッテリーが消耗してくると、最高速度が低下します。
公式サイト:glafit
予約購入:Makuake