アイナリーのデニムエコバッグ

「サステイナブルな社会作り」をコンセプトに製品を開発・販売するアイナリーは、日本の伝統技法である「綛染め(かせぞめ)」でデニム生地を琉球藍に染め上げたエコバッグを開発。

綛染めとは、束の状態になった糸(綛)を穴の開いた管に掛け、穴から染料を噴射して染色する技法。手間がかかる技法ではあるが、糸の風合いを残しつつ1本1本ムラなく染めることができるため、切り口まで美しいのが魅力だ。

染料には沖縄の伝統染織「琉球藍」を使用。過酷な栽培方法で育てられた葉藍は、深みのある藍色を生み出し、繰り返し染め上げて漬け込むことで中心部まで深く染め上げることができる。

エコバッグの形状は、風呂敷や手ぬぐいを縫い合わせて鞄のように見立てた「あづま袋」がモチーフ。内側に紐がついていて、コンパクトにまとめたりバッグインバッグとして使うことも可能だ。入れ口にスナップボタンを採用し、用途に応じてバッグのデザインをアレンジできる仕様になっている。

販売予定価格は5,940円。現在、Makuakeで特別価格の予約販売を受付中。洗濯して繰り返し使うことで、デニム特有の色落ちが生じるのも楽しみのひとつ。まだマイバッグ選びに迷っている人は、愛着を持って使い続けることができるエコバッグとしてチョイスに加えてみては。

【製品概要】
製品名:天然琉球藍100%デニム生地 エコバッグ
素材:琉球藍(天然藍)100%綛染めデニム
サイズ:510~540mm×510~540mm
持ち手の長さ:200mm
予約販売:Makuake