まさに里山という言葉がふさわしい、のどかな景観の長野県上伊那郡中川村。中央自動車道の駒ヶ根SA、または松川インターからアクセスする。

西側に木曽駒ヶ岳や空木岳を有する中央アルプスの山並みが続き、東側には3,000m級の山が連なる南アルプスが鎮座し、その麓には天竜川が流れる広大な伊那谷が広がっている。斜面を生かした美しい棚田も見られ、なかでも飯沼の棚田は写真スポットとしても知られている。

大草城址公園や陣馬形山などほかにもキャンプの前後に立ち寄りたい眺めのいい場所が点在。天竜川西側の山麓へ移動すれば、南アルプスの山並みが望めるという人気のエリアだ。

信州の食材や酒を買い込みキャンプサイトへ向かう

西に中央アルプス、東に南アルプスの3,000m級の山並みが雄大に連なる南信州の伊那谷。その谷間には天竜川がゆったりと横たわり、両岸に広がる広大でのどかな里山風景は穏やかな心持ちへと誘ってくれる。棚田を彩る黄金色の稲穂。飛び交う赤トンボ。そしてその景色を見守るように佇む路傍の石仏……。峻険な山々を背景に、さわさわと風になびく稲穂の波が秋の深まりを告げていた。

今回、ひとりキャンプを愉しむフィールドは、そんな伊那谷の南アルプス側の山麓、上伊那郡中川村にある「信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ」。村の中心部から蛇行する山道を30分ほど車で走った、標高約900mの山間に位置している。近くには伊那谷と中央アルプスの展望地としても知られる陣馬形山(標高1,445m)もあり、キャンプ場からハイキングを楽しむことも可能だ。

キャンプ場に行く前に、まずは食料の調達をする。立ち寄ったのは国道153号線沿いにある地元密着のスーパーマーケット「中川ショッピングセンター・チャオ」。地場産の朝採れ野菜や果物、食料品などが揃っている。

「中川ショッピングセンター・チャオ」。ここで新鮮な地場産野菜やフルーツ、信州産ワインやシードルなどをキャンプ場に行く前に購入した。店内には自家焙煎コーヒー店もある。

秋の信州の味覚といえばリンゴが外せないが、合わせて昨今話題のシードルも購入。シードルとはリンゴ果汁を発酵させて造る発泡性のある醸造酒で、南信州エリアでは近年クラフト・シードル造りに力を入れているのだ。焚き火を眺めながら冷えたシードルを飲む。あぁ、早くも気分が盛り上がってきた。

もちろん信州産赤ワインや地ビールも入手したので、それに合うバーベキュー用の肉も忘れてはいけない。ということで隣町の飯島町にある「下平精肉店」で、今回はラム肉(子羊)とマトン(成羊)、そして店オリジナルのタレを購入する。

焼肉好きが多いといわれる南信州では、昔ながらの肉屋も多数健在。「下平精肉店」で骨付きラム肉とマトン、オリジナルの焼肉タレを購入。馬肉もある。

肉はオーダーごとにカットして量り売りしてくれるので鮮度も抜群。ちなみに、地元で食べられている馬肉なども人気商品である。

森に抱かれ食と眠りを享受するテント場での穏やかな時間

食料を揃えたところで、いよいよ目的地の「信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ」へと向かう。くねくねと狭い山道を進んでいく少々の不安と期待が入り交じる楽しい道だ。入口の看板に“ようこそ、かくれ家へ”とあるように、そこは深い森に抱かれた静かなキャンプサイトだった。

カーブする山道を少々不安を感じながら走っていく。
ところどころに小さな案内板があるが、やがて現れた看板にホッ。“ようこそ、かくれ家へ”の言葉に期待が高まる。
まずはフロント棟に行きチェックイン(新型コロナの影響で今年は利用ガイドラインを要確認)。

約1万2,000平方メートルに50余のオートキャンプサイトとログキャビンなどが点在しているが、山の斜面を生かしたスペースはゆったりとしており、隣の目線などもあまり気にならない。元棚田という地形をそのまま活かして造ったキャンプサイト、敷地内を流れる渓流や雑木林など自然あふれるまさに隠れ家キャンプ場だ。もちろん水場やトイレ、売店、風呂やシャワー室も完備されている。

売店、浴室やシャワー室、ゴミ捨て場も完備されている。炭や薪の購入のほか、忘れ物があった場合でも色々な道具がレンタルできる。

テントを設置したのは、青々とした草地の広がる明るいサイト。ここが今宵のひとり占めスペースだ。

渓流や自然の森をそのまま生かした約1万2,000平方メートルのキャンパーズビレッジ。“隠れ家” “日本一静かなオートキャンプ場”というのもここの売りで、オートキャンプサイトとキャビン、ログキャビンなどが点在している。
昔、棚田だった斜面を利用しているので、隣り合わせになるサイトが少ない上に広々としている。そこにogawaのステイシーST-Ⅱテントとシステムタープレクタを張った。

テントやタープなど住居スペースのセッティングをひと通り終えたら、コーヒーを淹れてホッとひと息。そして夕食の準備を早々にスタートした。秋の夜の訪れはつるべ落としなので、なるべく明るいうちに夕食を食べ始めることにしたいからである。

テントを張り終え、コーヒーを味わいながらひと休み。その後、夕食の準備を始める。

持参したコールマンのパックアウェイ(TM)グリル2ブラックに炭火を熾し、ホイルに包んだ野菜などを網に乗せる。道中で買った信州サーモンの刺身も皿に盛り付けておき、最後にメインの肉を焼いていくというプロセスだ。同時に焚き火、ランタンに火を灯すと、あたりは一瞬にして温かな空気に包まれた。のんびり缶ビールを飲みながら、ひとり黙々と準備するその時間が何より愉しい。

メニューは、骨付きラム肉とマトンの焼き肉をメインに、付け合わせのパスタ、ホイル焼き野菜など。
ラム肉にはハーブ塩をすり込んで炭火で焼き、マトンはそのまま焼いてタレを付けて賞味。根菜類は茹でて真空パックされた商品を使うと便利だ。
また、リンゴは芯をくり抜きシナモンと砂糖を加えてホイルに包み、焚き火に放り込んでおくと焼きリンゴが完成する。

陽の光が山の端に隠れ、空が茜色から紫紺に変わると焚き火の炎もより赤々と映え、薪のはぜる音がパチパチと森に響き渡る。虫の声も共鳴しているものの、むしろ静けさ、山の深さを際立たせているようだ。

森の静寂に溶け込む薪音とワインの香りに酔う

夜の帳(とばり)が下りてくると肌寒さも忍び寄るが、ユニフレームのファイアグリルで焚き火を熾し、コールマンのノーススターLPガスランタンが心身共に温めてくれる。
薪のはぜる音、木の燃える匂い、意思を持っているかのように揺らめく炎……五感を刺激する焚き火を、ただただじっと眺めて時を過ごすだけでも贅沢だ。

酒をシードルに変え、焼き上がった骨付きラム肉と焚き火に放り込んでおいた焼きリンゴを頬張る。甘く爽やかな酸味と、ハーブを利かせた塩味の肉の旨味が何とも美味だ。シードルは信州サーモンとの相性も抜群であった。

出来上がったディナーをテーブルに並べる。鮮やかなオレンジ色の信州サーモンの刺身は、わさびしょう油のほか、カルパッチョにしても美味い。そしてそれらの料理に合わせる今宵の酒は、シードルを食前酒に信州産赤ワインを用意した。グラスの杯が進む素敵な夜であった。

夜の深まりと共にワインの杯も重なり、いつしか椅子に座ったままうつらうつら……。肌寒さを感じてふと夜空を見上げると、さえざえと光りを放つ半月が浮かんでいた。火の始末をしたら、そのままテントに潜り込んで夢の時間を享受することにしよう。

ほろりと心地良い酔いが体を包んだら、夕食の後片付けと火の始末をして、テント内に広げたシュラフに潜り込む。虫の声を耳に静かな夜が更けていく……どんな夢を見るだろう。
ふと目覚めて夜中に空を見上げたら、静寂の中にいつしか月が隠れて満天に星が瞬いていた。

翌朝はテントをかすかに揺らす風の音で目覚めた。外に出ると空は今日も快晴。

さっそくモーニングコーヒーを淹れ、香りに包まれながらしばし森をぼんやりと眺める。誰にも邪魔されない穏やかな朝のひと時は、まさにひとりキャンプの醍醐味だろう。

気持よく目覚めた朝は、まずフレンチプレスでコーヒーを淹れてまどろみの時間を愉しむ。
朝食はサラダとフレンチトーストを用意。フレンチトーストの作り方は、まずジッパー付きの袋に卵と牛乳を入れ手でもんで混ぜ合わせて卵液を作る。そこに食パンを入れて口を閉じ、卵液を中まで染み込ませる(8枚切りなど薄いほうがしみ込みやすい)。
フライパンにバターを溶かしてきつね色に焼く。仕上げに蜂蜜をたらし、ブルーベリーやリンゴを添える。ジッパー付き袋はキャンプ料理に色々と使えて便利だ。

さあ、朝食を食べたらゆっくと後片付けをして、隠れ家から賑わう下界に戻っていくことにしようか。

キャンプサイトから歩いて15分ほどの場所にある銭不動。銭の集落の北方「神の田」から木像の不動尊が掘り出され、後にここにお堂を建てて祀ったのが始まり。
帰りに立ち寄ったカフェレスト「ペリカン」で伊那谷名物ソースカツ丼をいただいた。
写真はヒレカツ丼(1,050円)。キャベツの千切りとカツがのってボリューム満点だった。

【BEST CHOICE】森の中で座り心地の良い居場所をつくる

数々の受賞歴を持つモンベル(ヘリノックス)の「チェアワン」。背面にはメッシュ素材を用い、通気性も抜群。軽量でコンパクトながら、つり下げ式シートにより快適な座り心地だ。スタッフバッグをフレームに取り付けると、小物入れとしても利用できる。

ヘリノックス「チェアワン L」 
重量:1,090g
価格:1万2,000円 
問い合わせ:モンベル

Camp ground information

南信州の隠れ家「伊那谷キャンパーズヴィレッジ」

細い山道を走ったところにある自然の中に隠れるような、キャンプ好きの思いが詰まった手作りキャンプ場。本物の自然が色濃く残る山里を再生して棚田をそのまま利用したまさに隠れ家。

伊那谷キャンパーズヴィレッジ(いなだにきゃんぱーずう゛ぃれっじ)
長野県上伊那郡中川村大草7833
電話/0265-88-2695
チェックイン・チェックアウト/13時〜翌11時(テントサイト)、14時〜翌11時(コテージ) 
料金/入場料大人1,000円、車1,000円、オートキャンプサイト500円〜、ログキャビン5,000円〜、AC電源使用料1,000円〜 
アクセス/中央自動車道 「松川IC」より車で30分 
HP/http://www.odp.jp/icv/index.html
※開設期間、シーズン料金等の詳細はHPで ご確認ください。

Thanks/新越ワークス、新富士バーナー、モチヅキ、モンベル、ユニバーサルトレーディング

Text/Yukimi Iwaya Photo/Takeo Aki