万葉集にも詠まれた難所

駿河湾にせりだした急峻な断崖絶壁は、古くから人々の往来を阻んできた。「薩埵山」の古名は「磐城山」(岩木山)といい、『万葉集』にも詠まれている。

〽磐城山 ただ越え来ませ 磯崎の
 許奴美(こぬみ)の浜に 我たち待たむ(作者未詳)

この歌にある「許奴美の浜」は薩埵山の東側にあたる西倉沢の地が比定されている。意味は「そのまま磐城山を越えて来てください。磯崎の許奴美の浜に立って、私はあなたを待っています」となり、思いを寄せ合う男女の仲を遮る障害に例えられていた。

薩埵峠周辺には著名な歌枕の地が点在する。万葉集と百人一首に収録される「田子の浦」方面の眺め(薩埵峠の北5.4 km「浜石岳」山頂より)

当時、この山を越えるには波にさらわれないよう断崖絶壁にへばりついて通るか、干潮を待って崖下の磯を駆け抜けるしかなかった。江戸時代に開かれる「中道」「上道」に対し、この海沿いの危険な道を「下道」と呼ぶ。

合戦の舞台となった薩埵山

薩埵山の山名の由来は、鎌倉時代初期、文治元年(1185)に麓の海中から引き揚げられた地蔵菩薩(薩埵地蔵)を山の上に祀ったことによる。

地蔵菩薩(薩埵地蔵)が引き上げられたという由比の海(薩埵峠の北5.4 km「浜石岳」山頂より)

「薩埵」の地名の初見は南北朝時代の文和元年/正平7年(1352)正月の軍忠状で、室町幕府を2つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い「観応の擾乱(じょうらん)」に関連するものだ。

薩埵地蔵道標付近にある「薩埵山合戦場」の案内板

南北朝の動乱を描いた『太平記』も両者の決戦の地として「薩埵山合戦の事」を伝えているが、現在は古文書により尊氏が陣を構えたのは「由比山(浜石岳周辺)」で、主戦場は薩埵山の北約6キロの桜野といわれている。

おそらく『太平記』の作者は尊氏と直義の運命を分ける舞台として、読者がイメージしやすいように知名度のある薩埵山を戦場に設定したのだろう。

眼下は足利尊氏と直義の主戦場となった桜野付近(薩埵峠の北5.4 km「浜石岳」山頂より)

また、この地を舞台に繰り広げられた合戦としては、戦国時代の永禄11年(1568)12月から翌年1月にかけて武田信玄の軍勢と今川氏真・北条氏政の軍勢との間で2度おこなわれた「薩埵山の戦い」も知られている。

東海道三大難所の1つ「薩埵峠」

江戸時代に入り、参勤交代制の開始(1635年)とともに「東海道五十三次」が整備される。

歌川広重が「東海道五拾三次」を描いたのは1830年代とされる(国立国会図書館所蔵)

「由比宿」と「興津宿」の間に位置する薩埵山は、明暦元年(1655)の朝鮮通信使来訪のおりに中腹が開削され、峠道が作られた。この中腹を通る「中道」ができたことで、東海道における「薩埵峠」の呼称が定着する。

その後、延宝8年(1680)の高波によって「中道」「下道」ともに崩れてしまい、「中道」を修復する過程で迂回路として「上道」が整備される。これにより波にさらわれる危険はなくなったものの、数キロに渡って険しい山道がつづく難所には変わりなく、薩埵峠は箱根峠、鈴鹿峠とともに「東海道三大難所」に数えられた。

一方、海沿いの危険な「下道」は、幕末の安政東海地震(1854年)で海岸が隆起し、波打際が大幅に後退したことで往来しやすくなる。現在、ここに国道1号線、東名高速道路、東海道本線が交差しながら通っている。

眼下は安政東海地震で隆起したとされる海岸。

「江戸無血開城」に繋がる伝承

江戸時代、宿場と宿場の中間に設けられた休憩するための宿を「間の宿」といった。由比宿と興津宿のあいだにある西倉沢の茶亭「藤屋」は薩埵峠越えを控えた「間の宿」として知られ、その離れ座敷「望嶽亭」は眺望が良く、多くの文人・墨客が訪れた。

幕末に山岡鉄舟を匿い、地下から逃がしたという伝承が残る「望嶽亭」(提供:静岡市観光交流文化局)

そんな望嶽亭に約150年前から語り継がれる伝承(口伝)がある。

――ときは幕末、戊辰戦争で風雲急を告げる慶応4年(1868)2月、恭順・降伏の意思を表明した徳川慶喜は、様々なルートを使って江戸総攻撃回避の嘆願書を新政府や大総督府に送ったが、彼らはこれをことごとく無視し、官軍(東征軍)を江戸へ向わせた。

そんななか、3月7日夜半、ひとりの男が望嶽亭の戸を叩く。

「官軍に追われている。ぜひともかくまって欲しい」

駿府の大総督府下参謀・西郷隆盛もとへ向かう途中、薩埵峠で官軍の銃撃を受けたため引き返してきた、とも。

主人・松永七郎平が戸を開けると、慶喜より恭順・降伏の意思を伝達する命を受けた山岡鉄舟(鉄太郎)で、事情を察した主人は彼を漁師に変装させ、座敷の地下から海路清水港へ逃がし、旧知の間柄にあった清水次郎長と連携して無事に駿府へ送り届けたという――。

山岡鉄舟(国立国会図書館所蔵)

もっとも、これはあくまで伝承であり、この動きを証明する史料はない。ただ通説としていわれる旧幕府軍事取扱・勝海舟が保護していた薩摩藩士・益満休之助が鉄舟を江戸から駿府まで送り届けたという話も、3月6日に2人が江戸を出立したあと、7日と8日の記録はないという。

清水次郎長(国立国会図書館所蔵)

「江戸無血開城」といえば3月13日と14日の海舟と西郷の江戸での会見が知られるが、その中身は3月9日に駿府でおこなわれた鉄舟と西郷の談判でほとんど決まっていたといわれる。このときの使者が鉄舟だったからこそ西郷の心を動かし、江戸の町を戦火から守ることができた、とも。

山岡鉄舟が「望嶽亭」から海路で向かったという清水港(薩埵峠の北5.4 km「浜石岳」山頂より)

幕末の奇跡といわれる「江戸無血開城」の立役者の窮地を救ったという望嶽亭の伝承は、空白の2日間を埋めるうえでも興味深く、見過ごせない。      

文・写真/水谷俊樹(作家・漫画原作者)
1979年、三重県尾鷲市生まれ。現在は執筆活動のほか、歴史ジャンルを中心にマンガの企画や監修を手掛ける一方、東京コミュニケーションアート専門学校で講師を務める。主な著作に『CD付「朗読少女」とあらすじで読む日本史』(中経出版)、監修を担当する作品に『ビッグコミックスペリオール』で連載中の『太陽と月の鋼』(小学館)などがある。趣味の登山は2006年8月の「富士山」登頂以降、日本百名山にも挑戦中。

▼あわせて読みたい