5252開業当初の車両デザインがモチーフ レザーでつくる銀座線が「浅草エーラウンド2019秋」で10月19日・20日限定販売

開業当初の車両デザインがモチーフ レザーでつくる銀座線が「浅草エーラウンド2019秋」で10月19日・20日限定販売

編集部
鉄道模型の新たなデザイン性を切り開く、レザークラフトアイテムが数量限定で登場。10月19日と20日の2日間、東京メトロは浅草で開催される革とモノづくりの祭典「浅草エーラウンド2019秋」で、「革でつくる銀座線」を各日300個限定で販売する。
目次

革靴の生産出荷額日本一を誇る「革とモノづくりの街」奥浅草エリアを中心に、革靴工場や革卸問屋などの専門店、街の飲食店や雑貨店などを巡る同イベント。「革でつくる銀座線」は、東京メトロのオリジナル・レザークラフト体験キットで、東洋初の地下鉄である現在の銀座線が浅草から走り始めたことにちなみ、開業当初の車両である「東京地下鉄道1000形車両デザイン」をモチーフに制作。昨年販売時も完売となった人気アイテムだ。

特別な道具は不要で、素材を折り曲げ、切り込みに差し込むことで組み立て可能。初心者でも簡単に鉄道レザークラフトを体験することができる。

期間中、会場では開業当時の銀座線ダイヤグラムをデザインした「ダイヤグラム柄 革トートバッグキット」も40個限定で販売(19日・20日、各日20個)。裏面は銀座線カラーに染色した鮮やかなイエローを施し、東京メトロのシンボルマークを象ったバッグチャーム付き。さりげなくおしゃれに鉄道ファンをアピールできるアイテムで、会場で購入したキットを浅草のアトリエ「Qrinaf」に持参すると、その場で縫製してくれオンリーワンのバッグが完成する。

「革でつくる銀座線」は500円(税込)。バッグのキットは6,000 円(税込)。2日とも10時〜15時に販売し、なくなり次第終了。

革とモノづくりの祭典 浅草エーラウンド

編集部
編集部

いくつになっても、男は心に 隠れ家を持っている。

我々は、あらゆるテーマから、徹底的に「隠れ家」というストーリーを求めていきます。

Back number

バックナンバー
More
もっと見る