「日本は治安が良くて安全な国だ」というように、世界各国と比較すると日本は安全な国として扱われることが多い。

しかし、日本は本当に安全な国なのだろうか? 軽犯罪に対しても厳しく取り締まっている国とはいえ、世界にはもっと安全な国がありそうな気もする。

そこで今回は、日本と海外における治安の良さを比較し、日本の安全性や比較的安全な国を解説する。

■日本って本当に安全な国なの?

世界各国と比べて、日本は治安が良くて比較的に安全な国として非常に有名だ。しかし、日本は本当に安全な国なのだろうか?

結論、世界各国の犯罪率と比較すると、日本はとても安全な国だと言える。軽犯罪に対しての取り締まりも厳しく、そもそもの事件数が海外よりも少ない。また、日本全体で考えても治安が良く、日常生活において「物が盗まれる」という心配がほとんどない。

さらに、日本では女性が夜中に1人で出歩いたり、スマートフォンをいじりながら夜道を歩いたりすることも普通だとされる。しかし、これは外国人からすると驚かれるほど異常な光景らしい。

それほど日本は平和で安全な国だと言える。とはいえ、殺人事件や窃盗事件が毎年発生していることも事実であるため、「日本だから絶対に安全!」とは言い切れない。絶対に安全だと思って生活するのは少し軽率かもしれない。

■日本と海外の安全度を比較

続いて、日本と海外の安全度をそれぞれ比較していこう。日本の安全さを再認識できるはずだ。

ただし、すべての事象が以下に該当するわけではない。同じ国であっても地域によって差があったり、例外的な事象があったりなども十分考えられる。

【アメリカ】

アメリカは銃の所持が認められており、強盗事件は日本の約40倍だとされている。また、傷害事件も日本の約10倍程度というように、凶悪事件の発生率が日本よりもかなり高い。

すべての地域が共通ではないが、人通りの少ない道や夜中の1人歩きは特に注意しよう。

【カナダ】

一般的に安全性が高いとされているカナダだが、地域によっては決して安全とは言えない。特にカナダの首都である「オタワ」での犯罪率は、日本の約3.5倍と言われている。「カナダだから安全だ!」という考えは軽率なので注意しよう。

【イギリス】

イギリスは比較的に安全な国ではあるが、やはり日本と比べると犯罪率が高くなる。パスポートを盗まれる事件が多いほか、強盗や偽警察官による詐欺などが多発している。

【ニュージーランド】

一般的に安全な国として扱われるニュージーランド。しかし、地域によっては犯罪の発生率が高いため、絶対に安全だとは言い切れない。

「ニュージーランド=安全」という考えでいると、思わぬ被害に遭う可能性があるため油断は禁物である。

■日本よりも安全だと思われる

日本の安全性についてはなんとなく理解できたはずだ。続いて、日本よりも安全だと思われる国を2つ紹介する。「日本より安全な国」と言っても犯罪がまったくないわけではないため注意しよう。

【アイスランド】

アイスランドは「世界平和度指数」と呼ばれる経済平和研究所が毎年行っている調査で、何度も安全な国ランキングで1位を獲得している。2021年の調査でも堂々の1位を獲得した。

アイスランドは犯罪や治安に対して注意することは少ないものの、天候や自然による被害のリスクがある。観光するときは天災に注意しよう。

【デンマーク】

デンマークもほかの国に比べて治安が良好で、「世界平和度指数」の2021年調査では3位を獲得している。比較的に安全な国だと言えるだろう。

しかし、犯罪がまったく起きないわけではなく、一部の地域では置き引きや窃盗などの犯罪が発生している。日本と同じく無問題というわけではないため注意しよう。

■まとめ

今回は、日本と海外の治安の良さを比較し、比較的に安全な国を紹介した。

日本は世界各国と比べるとやはり安全な部類に入り、軽犯罪や重犯罪に対する取り締まりが厳しい傾向にある。夜中の1人歩きも当たり前にできるなど、外国人に驚かれるほどの治安の良さを誇る。

これから海外に行く予定がある方は、ぜひ本記事で解説した安全度を参考にし、その国の治安や犯罪率を意識してみてほしい。また、日頃から注意して生活すれば、毎日をより安全に過ごすことができるだろう。