大阪城公園の西の丸庭園を会場に、かつて“大大阪時代”といわれ、栄華を極めた100年前の大阪のまちを再現。通天閣に隣接して存在していたロープウェイやメリーゴーランドをイルミネーションで蘇らせた「新世界ルナパーク」や、大正時代を象徴する文化や風俗・ファッションを表現した巨大スクリーンに映し出す「歴史絵巻」、大正元年の元旦に開園した当時の天王寺動物園の再現や、大正時代のファッションや人物が表現されたLEDネオンなど、エリアごとに見応えのある光の世界をつくり上げ、「大正浪漫」のムードを演出する。

現在知られていない大阪の姿を見ることができるだけでなく、大正時代に人気だったものから大正時代に誕生したものまで当時の食事を再現する「浪漫食堂」も。

料金は大人=1,500円(前売り1,200円)、小人=800円(前売り650円)。会期は2020年3月1日まで。俗に“大大阪時代”といわれた古き良き時代へタイムスリップしてみては。

【イベント概要】
名称:大阪城イルミナージュ
住所:大阪府大阪市中央区大阪城2
開催期間:2019年11月22日(金)〜2020年3月1日(日)
開催日時:17時〜22時(点灯17時30分〜21時30分)
参加費:大人=1,500円(前売り1,200円)、小人=800円(前売り650円)