志賀高原 焼額山スキー場

本州の内陸部に位置し、豊富な積雪量と湿気の少ないパウダースノーを誇る同施設。山頂は標高2,000mと高く、例年では10月下旬から11月初旬にかけて初冠雪がみられる。

厳寒期にはマイナス20℃に達する日もあるが、雪質は上質なパウダースノーで、スキーやスノーボードの滑走にとって快適なコンディションとなり、多くのプレイヤーが訪れる。

今シーズンより訪日外国人旅行者も泊まって楽しめるスノーリゾートを目指し、日本の伝統文化を体験できるさまざまなイベントを開催。長野県産のりんごを使用したりんご風呂や、無病息災・五穀豊穣を願う日本の伝統行事であるどんど焼き、雪でつくったかまくらの中で幻想的な明かりを灯すキャンドルナイトに、正月には新年気分を盛り上げる書き初めも体験できる。

りんご風呂
キャンドルナイト
どんど焼き

各イベントの開催情報は公式情報を参照。凛とした寒さの中で雪遊びを満喫した後は、湯船や炎で心と体を温めてみては。

【施設概要】
名称: 志賀高原プリンスホテル・志賀高原 焼額山スキー場
住所: 長野県下高井郡山ノ内町志賀高原焼額山