日本の伝統文化である「かまくら」を現代風にアレンジした同レストランは、直径5m、高さ3mのドーム型かまくらの内側に断熱素材を入れ、コタツや暖房設備を設置した室内の部屋が作られている。外の雪景色を見ながら、温かい鍋やよく冷えたドリンク、熱燗をちょいと一杯…と、大人も心躍る新しい雪体験コンテンツだ。

思わず写真におさめたくなるフォトジェニックな鍋をメインに、おにぎりや枝豆などのサイドメニューや、ビール、ホットワイン、信州ホットアップルジュースなどのアルコール・ソフトドリンク類も充実。

ゆらめく炎に癒やされる焚き火の演出もあり、デザートでついてくるマシュマロを焼くことも可能。クラッカーに挟めば絶品スモアに。焼き芋や焼きリンゴなども焚火で焼いて楽しめる。

かまくら1基あたりの定員は8名。誕生日会やプチ宴会、デートなどあらゆるシーンで使えるサイズ感だ。

スキー場で思う存分滑って、温泉で温まった後は、真っ白な世界の中でのんびりとおいしい食事を堪能する。スキー場での新たな楽しみをぜひ。

【イベント概要】
名称: KAMAKURA POT dining
住所: 長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬11700
開催期間: 2020年3月21日まで ※雪の状況により変更有
開催日時: ランチ営業 11時30分~13時/12時30分~14時
ディナー営業 17時~18時30分/19時~20時30分
(時間制・予約制)