柳川の堀が整備されたのは約410年前。柳河城築城の際に、城下町を築くため、人工的に堀を掘って整備したことが始まりだと言われている。生活用水や農業用水を確保する貯水池として、地盤沈下を防ぐものとして、人々の生活や柳川の土地を支える重要な役割を担ってきた。

四季折々の景色を望み年中楽しめる「川下り」は、冬季期間中のみ「こたつ舟」へと姿を変える。どんこ舟に火鉢を忍ばせたこたつを乗せ、ぽかぽかと温まりながらのんびりとお堀めぐり。風情漂う柳川の冬の風物詩だ。

価格は大人1,500円、5歳~小学生800円。貸切船もあるので、家族水入らずで楽しむのも良いだろう。この季節ならではの川下りに足を運んでみては。

【イベント概要】
名称:こたつ舟
住所:福岡県柳川市三橋町下百町1-6(乗船場)
開催期間:2019年12月1日~2020年2月29日
 ※2月21日~28日は城掘の水落ちが行われるため、川下りコースが短縮
 ※2月23日「柳川“堀と道”クリーンアップ大作戦」開催予定
開催日時:9時~17時(17時以降は要予約)
 ※乗合受付は9時~16時30分(一般乗合船の場合)、受付後最大30分以内に随時発船
 ※年末年始は最終受付時刻を繰り上げる場合あり
参加費:乗合船 大人1,500円(中学生以上)、小人800円(5歳~小学生)
 ※5歳未満は大人1名につき1名まで無料
貸切船 7名以下12,500円
 ※8名以上は、1,500円/人 加算
問い合わせ先:柳川市観光案内所 0944-74-0891