“戦国饗応膳”イメージ

同ホテル内にある「日本料理おおみ」では、明智光秀を饗応役(きょうおうやく/接待役)として、織田信長が徳川家康を滋賀に招き、もてなしたといわれる料理「天正十年安土献立」を参考にしたオリジナルメニューを考案。

光秀の好物である粽(ちまき)にちなんだ「笹巻麩」や、家康の好物と言われている「真鯛のお造り」、当時正式な儀式の場で用いられていた「巻するめ」、高級調味料であった醤油で味付けをした「宇治丸八幡巻(うちまるやわたまき)」、自家製「鮒寿司」などを盛り込んだ戦国饗応膳(せんごくきょうおうぜん)がいただける。

自家製「鮒寿司」イメージ

また、バースペース「バー ベルラーゴ」には“戦国武将カクテル”が登場。明智光秀の家紋をモチーフにした~水色桔梗~は、ライトブルーが美しいジンベースのカクテル。家紋型にしたレモンを添え、植物の花びらを乾燥させたハーブ“バタフライピー”で水色が表現されている。

“戦国武将カクテル” ~水色桔梗~イメージ

さらなるお楽しみは、トニックを注ぐと色味が変化する演出。本能寺の変に至る、光秀の信長に対する心変わりを表現しているという。

トニックを注ぐと色が変化

在りし日の武将たちに思いを馳せながら、滋賀の魅力を目と舌で堪能する。今年の大河ドラマがより楽しめる戦国グルメに注目だ。

【イベント概要】
名称:琵琶湖ホテル
住所:滋賀県大津市浜町2-40
提供場所「日本料理 おおみ」(琵琶湖ホテル2階)
戦国饗応膳 3,500円、戦国饗応の膳 12,000円ほか
提供期間6月30日まで
提供場所「バー ベルラーゴ」(琵琶湖ホテル2階)
“戦国武将カクテル”~水色桔梗(みずいろききょう)~ 1,800円
提供期間2月29日まで
※価格はいずれも税込・サービス料込