日産が英国オースチン社と技術提携し、国内生産されたA50ケンブリッジ。その乗り心地は当時の国産車で群を抜いていた。旧車クラブ「全日本ダットサン会」の副会長を務める岡さんは、数多くのクラシックカーイベント開催に関わっている。

また、手入れの行き届いた岡さんのケンブリッジはドラマや映画にも出演したことがあるそう。ただ、一方で苦労する点もあるという。「大変なのは部品の入手ですかね」。クラシックカーはやはり部品も年代物が多く、一度調子が悪くなるとなかなか大変。それでも岡さんは「スローライフを満喫する上で欠かせない存在です」と笑った。

レトロなステアリングやスイッチ類。スイッチの操作自体が楽しみのひとつ。
ドラマ「オリンピックの身代金」の撮影風景。