角ばったボディに角目ライトは当時のデザイナーの試行錯誤のデザインといわれているが日本車にはない愛嬌のあるスタイルは多くの人の目を惹く。

それまでの500の丸いボディーから角ばったデザインに変更され、そしてパンダへと続くことになる。フロントライト周りがパンダのような異形ヘッドではなく、規格品のライトだったり、時代の流れの狭間でデザイン的には苦労したモデルだ。

リア周りは、その後のパンダへと続くデザインを彷彿させる雰囲気がある。

オーナーの金井さんは2019年、この車を購入した。FIAT500などに比べるとほとんど見かけないクルマで、その愛嬌のあるスタイルから「どこのクルマですか?」とよく尋ねられるという。「エンジンも非力だけれど、頑張って走るところが逆に愛おしいです」という。現在トラブルもなく、パーツも問題なく手に入るので、これからも末永くのんびり走らせたいそうだ。

タコメーターや電圧計などは新たに装着しているが、エアコンはないので、お約束の扇風機を装備している。

【Owner’s voice】
希少なクルマを持つのは人生を豊かにします
ほとんど言っていいほど同じクルマを見かけないのが良いですね。顔とお尻のキュートさが大好きです。この愛らしさのおかげで「なんていうクルマ?」などよく声をかけられますよ。

フィアット126

フィアット500のメカニズムを流用したクルマ。594cc、652cc、702ccの3種類のエンジンがあった。軽自動車登録が可能なサイズのクルマだ。