33288国内外のコンクールでトリプル金賞を受賞! 実力派の日本酒「手作り純米酒 光武」。これからの季節は燗で楽しみたい

国内外のコンクールでトリプル金賞を受賞! 実力派の日本酒「手作り純米酒 光武」。これからの季節は燗で楽しみたい

編集部
佐賀県の光武酒造場が昔ながらの麹造りで仕込んだ日本酒「手造り純米酒 光武」。この酒は2020年8月〜10月の間に国内外の各コンクールで3つの金賞を獲得した。
目次

国内外で獲得した3つの金賞

「手造り純米酒 光武」が金賞を獲得したのは、「ロンドン酒チャレンジ2020」「2020年度全米日本酒歓評会」全国燗酒コンテスト2020」の3つのコンクールだ。

大吟醸酒に引けを取らない美味さ

「手造り純米酒 光武」は麹米に佐賀県産山田錦、掛米に佐賀県産米を使用しともに50%まで精米して仕上げられ、麹造りも機械ではなく箱麹と呼ばれる昔ながらの方法で行われた。

つまりこの酒は、純米酒ながら大吟醸酒と同様の手間をかけてつくられたもので、米の旨みが凝縮された芳潤な味わいが特徴だ。これからの季節は45度程度の燗酒で楽しみたい。

光武酒造場のある鹿島市浜町は酒蔵が多く残っている

「手造り純米酒 光武」以外の「光武」のシリーズも賞を獲得している。「純米吟醸 光武」はダブル受賞、「大吟醸 光武」は金賞を受賞。

「純米吟醸 光武」は「2020年度全米日本酒歓評会」銀賞、「ロンドン酒チャレンジ2020」銅賞のダブル受賞
「大吟醸 光武」は「ロンドン酒チャレンジ2020」金賞受賞

「伝統の中からの革新」を合言葉とする光武酒造場。昔からの酒造りの伝統は守りつつ時流をつかみ革新する、そんな酒蔵が生んだ酒を存分に楽しみたい。

▼あわせて読みたい

編集部
編集部

いくつになっても、男は心に 隠れ家を持っている。

我々は、あらゆるテーマから、徹底的に「隠れ家」というストーリーを求めていきます。

Back number

バックナンバー
More
もっと見る