話題の調理法をぜひ試そう「富士商 低温調理器 Felio スヴィードクッキング」

低温調理とは、湯せんなど比較的低い温度で長時間加熱する調理法で、独特の食感や、食材のみずみずしさを残せるとして話題になっている。温度管理が難しい低温調理を自宅で簡単に試せる便利アイテムを紹介しよう。

▶詳しくはこちら

薬味ってすごく大事「マイクロプレイン ジャパニーズグレーター MP-056」

酒肴の脇役として大切な薬味。薬味の味を引き出すために道具にはこだわりたい。「マイクロプレイン ジャパニーズグレーター MP-056」は生姜や、大根、山芋など日本の食生活に合わせて刃を配列した優れものだ。

▶詳しくはこちら

煮物が一層美味しく「スロークッカー」

食材にゆっくりと熱を通すことで、煮込み料理をさらに美味しく作ることができる「スロークッカー」。ひと手間をかけて、じっくり深い味わいの酒肴を作ってみよう。

▶詳しくはこちら

蒸し料理が卓上で!「卓上ひとりフードスチーマー」

蒸し料理や温野菜もビールによく合う人気の酒肴。「卓上ひとりフードスチーマー」は卓上で簡単に調理できる蒸し器だ。できたてホカホカの酒肴があれば酒も進むに違いない。

▶詳しくはこちら

香ばしさが格段にアップ「イワタニ クッキングバーナー CJ2」

クッキングバーナーがあれば、酒肴の料理の仕上げに軽くあぶるだけでいっそう香ばしく仕上げることができる。もう一手間を加えて最高の酒肴を作りたい時に用意したい。

▶詳しくはこちら

あの味は燻製にしないと愉しめない「スモーカー&スモークチップ」

食材を煙で燻すことで独特の香りを味わいを生み出す燻製は、まさに一手間加えた至高の酒肴だろう。サクラやナラなどスモークチップによって風味が異なるらしい。自分好みの燻製作りにチャレンジしてみては。

▶詳しくはこちら

箸休めにひと品作っておく「浅漬鉢 380ml」

食事の箸休めや、晩酌の酒肴にもなる万能な浅漬け。材料を入れておくだけで簡単に浅漬けが作れる、見た目にもオシャレなアイテムだ。

▶詳しくはこちら

【column】居酒屋で多用されてるアレ、ビールケースは手に入る?

角打ちの店の前に置いてあったり、大衆居酒屋の椅子、はたまたテーブルに使われたりするビールケース。用途はもちろん瓶ビールが割れないよう、運びやすいように使われる入れ物であるが、酒業者や販売店しか手に入れられないわけではない。ケースだけを購入することはできないが、酒屋で瓶のビールをケース買いすると運びやすいようにケースに入れた状態で購入できるのだ。たくさんビールを呑む人は、ケース買いして自慢してみてはどうか。

しかし、これは厳密に言うとケースを購入したわけではない。というのも、購入したお店にビール瓶とケースを返却に行くとわずかながらお金が返ってくる。つまり、これはビール輸送用のレンタル物品なのだ。従ってビールを呑み終わった後はリユースできるように返却しなくてはいけない。忘れないようしたい。

よく見かけるこのケース。居酒屋では台にしているのを見るが、ひとり家呑みでは壊したりしないようにして返却しよう。

あわせて読みたい