12.5cm×18.8cmとソロサイズの「SITA」。大きい鉄板だと同時にいろいろ焼きたくなるが、ソロプレートだと一つの食材を焼くことに集中できる。自分と対峙するように、肉や野菜ともじっくり対話ができそうだ。

SITAの最大の特徴は、プレートに勾配があること。厚さが4mmから7mmとプレート自体に適度な傾斜がついており、肉を焼いている際に出る油は自然と外周の溝へ流れ落ち、決まった部分から排出。均一に熱を通し、ムラなくヘルシーに焼き上げられるという。

耐久性の高さも魅力のひとつ。「SITA」は素材調達~生産まで全て国内で行っており、鉄板素材にはS50C 構造用炭素鋼を採用。工作機械でひとつひとつ超精密加工を施した日本製の鉄板は安心安全。また、錆びにくい黒錆加工処理により手入れも簡単で、まさに“一生モノ”として付き合っていけるだろう。

販売予定価格は9,800円。鉄板本体に加え、取手と収納袋も付属品としてついてくる。「肉を焼く」という調理行為を神聖な儀式に変えてくれるソロアイテムで、ひとりの時間を堪能したい。

【商品概要】
商品名:SITA
カラー:ブラック
サイズ:12.5cm×18.8cm×4~7mm
重量:970g
予約販売:Makuake

▼あわせて読みたい