BBQや焚き火に慣れてくると、火の扱いにも慣れが出てくる。軍手や火バサミで「熱っ…!!」という心配が増えてきたら、耐熱グローブの導入を考えるときだ。

「650度の熱に耐える 耐熱グローブ」は、その名の通り、650度までの熱に耐えられる最強の耐熱グローブ。その秘密は、従来の耐熱グローブによく用いられるアラミド繊維に加え、難燃性の新素材・PANOXを使用していること。PANOX×アラミド繊維のブレンドは、電車やバスの座席用の布地、消防士用防護服などに採用されており、このことからも高い耐燃性・耐熱性を備えているのが分かるだろう。

従来の耐熱グローブと比べると、耐切創性や耐久性、耐摩耗性が格段にアップ。紫外線による変色や水分などによる劣化の心配もない。

さらに、より断熱性を高めるため、インナーに綿手袋を採用。ソロキャンプや焚き火はもちろん、陶芸などの釜入れ作業や自宅でのオーブン料理を楽しむ際など、さまざまなシーンで重宝すること間違いナシだ。

一般販売予定に先駆け、現在、Makuakeで特別価格の応援購入を受付中。肘までしっかり覆うロングサイズと手首までのショートサイズの2タイプを用意。圧倒的な防護力の耐熱グローブで、ヤケドを恐れず焚き火を楽しもう。

【製品概要】
製品名:650度の熱に耐える 耐熱グローブ
サイズ:ロング…全長約42cm×手首丈約17cm×指丈約9cm、ショートサイズ…全長約24cm×手首丈約16cm×指丈約8cm
予約販売:Makuake

▼あわせて読みたい