想像の斜め上を行く旅のアイデアを提案しつづけるAirbnbがまた楽しいプロジェクトを立ち上げた。2021年へのカウントダウンとして、ニューヨークのマンハッタンど真ん中に巨大なドームテントを設置。タイムズスクエアを見上げる形で見たこともない景色を提案する。

マンハッタンのど真ん中に設置されたドームテント

年越しといえば、ワン・タイムズスクエアにあるタイム・ボールがカウントダウンと共に落下するのを見守るのがニューヨーカーの恒例行事。スペシャルゲストを招いた生演奏で盛大に祝う一大イベントとして、世界から訪れる人も多い。

このタイムズスクエア・ボールでのカウントダウンを特別な景色で見ることができるのが、一日限定で現れる“タイムズスクエアの家”。Airbnbとナスダックのコラボで実現した特別なこの家は、タイムズスクエア・ボールを見るのに最高の特等席であることはもちろん、大都会の高層ビルに囲まれたパノラミックビューを独占できるこの上ない究極のグランピング体験を約束する。

この旅のホストを務めるのは、マライア・キャリー。歌姫からこの日のゲストだけに宛てた特別なバーチャルメッセージが届けられる。

プライベートシェフが部屋に用意したディナーをいただけるほか、ローカルショッピングを楽しむための5,000ドルのクーポン付き。気になるお値段はたったの21ドル。ニューイヤーズ・イブの大盤振る舞いというが、何から何まで桁違いだ。

超特別なプランだが、申し込みはAirbnbのWEBサイトから通常どおり予約するだけ。12月21日(現地時間)に受付を開始したが既に完売の様子。宿泊せずとも、想像するだけでもビッグな思い出になりそうだ。

あわせて読みたい