上質なウイスキーは、造るのに適した土地で生まれる。世界でもとくに適した土地で造られたウイスキーを、世界5大ウイスキーという。ここでは、この世界5大ウイスキーについて、その歴史や特徴、銘柄を紹介する。

世界5大ウイスキーそれぞれの魅力

世界5大ウイスキーとは、スコットランド・アイルランド・アメリカ・カナダ・日本で造られたウイスキーのことを指す。各国ともにウイスキー産地として有名であり、これらの国のウイスキーにはそれぞれ異なる魅力や特徴がある。今回はそんな世界5大ウイスキーの魅力を紐解き、ウイスキーの世界制覇を楽しみたい。

スコッチウイスキー(スコットランド)

スコッチウイスキーは原料、製法の違いからモルト、グレーン、ブレンデッドに分けられる。モルトは大麦麦芽で造られたもの、グレーンは複数の穀物、ブレンデッドはモルトとグレーンを掛け合わせたものである。とにかく種類が豊富で、乾燥で使われるピート(泥炭)の香りが特徴的。15世紀後半にはウイスキー造りが始まっており、アイリッシュとともに古い歴史を持つ。「ジョニーウォーカー」や「バランタイン」などが有名だ。

アイリッシュウイスキー(アイルランド)

アイリッシュウイスキーは、一説に世界一古いウイスキーだとされている。伝統的な3回の蒸留が行われるため、雑味が抑えられウイスキー初心者にもファンが多い。長年、その人気は低迷していたが、近年になって再注目を浴びているウイスキーでもある。人気銘柄を挙げるなら、「ジェムソン」や「ブッシュミルズ」が代表格だ。

アメリカンウイスキー(アメリカ)

ライ麦や大麦、小麦などさまざまな原料が使われるアメリカンウイスキー。とくにトウモロコシを使ったバーボンウイスキーが有名である。もともとは、スコットランドからの移民がアメリカでウイスキー造りを始めたのが起源だといわれている。内側をあえて焦がしたオーク樽を使うため、苦さや香ばしさが特徴的。「ジムビーム」や「ジャックダニエル」がこのウイスキーとして名を馳せている。

カナディアンウイスキー(カナダ)

カナディアンウイスキーはトウモロコシを使ったベースに、ライ麦などを使用したフレーバリーを合わせるという作り方が特徴的なウイスキーだ。ライトでクセがなく、カクテルにも向いている。1776年ごろアメリカ人がカナダに移住し、ウイスキー造りを始めたことが起源だといわれている。有名銘柄には「カナディアンクラブ」「クラウンローヤル」がある。

ジャパニーズウイスキー

ジャパニーズウイスキーは、スコッチウイスキーを元に造られたウイスキー。日本人に合う繊細かつ複雑な味わいが特徴だ。ニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝氏と、サントリーの創業者である鳥居信治郎氏によって国内最初のウイスキーが造られた。有名銘柄としては、「山崎」「白州」「角」「トリス」などがある。

それぞれに魅力のある世界5大ウイスキー。ぜひ飲み比べをして、自分に合うウイスキーを探してみてはいかがだろうか。