サウナ後によく利用される水風呂。実は、水風呂はただほてった身体を冷やすだけが目的ではないのをご存知だろうか。この記事では、サウナ好きの人へ、水風呂にはどんな効果があり、どのように入浴すればよいかを紹介する。

水風呂のすすめ。健康への効果とは

火照った身体を冷やしてくれる水風呂は、サウナの醍醐味といっても過言ではない。そんな水風呂には、以下のような効果が期待できる。

心身のバランスを調整する

最近疲れが取れない、なんとなく調子が悪いと感じるのは、心と身体のバランス、つまり自律神経が乱れている可能性がある。自律神経のうち、交感神経は体を温めることで、副交感神経は体を冷やすことで活発になる。サウナの後の水風呂は、これらのバランスを保つのに効果があるとされる。

免疫力を高める

身体が冷えることで、体内では身体を温めようと血行が改善される。それに伴い、風邪などのウイルスに対する免疫力を高めることができる。

血圧の改善

サウナでは血管が膨張し血圧が低下、水風呂では血管が収縮し血圧が上昇する。これを繰り返すことで、血圧が正常値に近づくといわれている。

脂肪の燃焼

水風呂に入ると、身体が一気に冷やされるため、体内では身体を温めようとする。その際にエネルギーとして脂肪が燃やされるため、ダイエットも期待できる。

湯冷めしにくくなる

お風呂の後に、湯冷めして風邪を引いたという経験は誰しもあることだろう。水風呂に入るとさらに湯冷めに拍車がかかりそうだが、実はその反対。水風呂に入ることで皮膚や毛穴が収縮し、体内の熱を閉じ込めようとするため、湯冷めしにくくなるのだ。

水風呂の入浴方法〜温冷交代浴でコンディションを整える〜

上記で確認したように、水風呂には健康に嬉しい効能がいくつもある。次に、水風呂の効果をより高める適切な入り方を確認してみよう。

サウナと水風呂を行き来する温冷交代浴

シャワーを浴びてからサウナにおよそ10分、その後またシャワーを浴びて水風呂に1~2分、これを繰り返すのが温冷交代浴だ。自律神経の乱れによる不調や疲労回復効果が高まるといわれている。

家でもできる温冷交代浴

自宅でも温冷交代浴を試したいなら、40度程度のお風呂に入り、30度程度のシャワーを手足にかけるというのを1分ごとに繰り返すのがおすすめだ。
ただし、温冷交代浴は皮膚や血圧などに強い刺激がかかる。持病がある方は、無理をしないよう注意してほしい。

実はいろいろと嬉しい効果のある水風呂。サウナに行く機会があるときは、ぜひ温冷交代浴を試してみてほしい。

上級サウナーだけが知る「グリシン」の世界

「グルシン」という言葉をご存知だろうか。上級サウナーだけが知る“水風呂の境地”が「グルシン」である。

「グルシン」とは「シングル」の倒置語で、水風呂の温度が10度以下、つまり1桁台の水温のことを指す。一般に水風呂の温度は15〜18度程度とされており、上級者にとっては水温が低い方が、よりハイクラスの「整う」を感じることができるとされている。

なかでも「グルシン」の水風呂があるサウナは全国でも珍しく、これも求めてサウナ遠征を行う人も多いと言われている。