「デイキャンプ」という言葉を知っているだろうか?デイキャンプとは、日帰りで行うキャンプのことである。宿泊をしないことから持参する荷物が少なく、仕事で忙しい方でも気軽に行うことができる。初めてのキャンプで不安という方にもデイキャンプはおすすめだ。

そこで本記事では、デイキャンプの魅力的な過ごし方、快適に過ごすための持ち物、おすすめスポットを解説する。最後まで読めば、デイキャンプの準備を今日から始められるはずだ。

デイキャンプとは?

「デイキャンプ」とは、日帰りで行うキャンプのことであり、「DAY(日中)」と「キャンプ」をかけ合わせた言葉だ。宿泊をしないキャンプなので、持参すると重くなるテントや着替え、寝袋などが不要である。また、仕事などで時間があまり取れない方でも気軽に行えるのが魅力だ。

これからキャンプを始めたいというアウトドア初心者の方は、まずは気軽に行えるデイキャンプで雰囲気や大自然を味わってから、本格的なキャンプを始めてはいかがだろうか?

通常のキャンプとの違い

通常のキャンプとデイキャンプはどのように違うのだろうか?通常のキャンプは宿泊を行うことから、テントやシュラフが必要であり、同時にケアセットや着替えも用意しなければならない。それがキャンプの醍醐味ではあるものの、やはり準備に手間がかかってしまうだろう。

キャンプの魅力は大きく分けて、遊び・食事・宿泊の3つである。通常のキャンプはこの3つすべてを楽しむことができる分、少しだけ手間を要する。一方、デイキャンプは遊びと食事にフォーカスしたキャンプであるため、実行するまでのハードルがかなり低いのだ。

このように、通常のキャンプとデイキャンプではそれぞれに魅力がある。自身の状況に合わせて検討してみよう。また、「ソロキャンプ」については以前の記事を参考にしてみてほしい。「初心者必見!ソロ・ひとりキャンプの道具選びや始め方&注意点も解説

デイキャンプの魅力的な過ごし方

ここまで、デイキャンプの基礎概要について解説した。続いてデイキャンプの魅力的な過ごし方を見ていこう。デイキャンプの魅力をイマイチ理解していない方は、ぜひ参考にしてほしい。

キャンプ飯

キャンプ飯はデイキャンプにおける一番の醍醐味である。特に大自然の中で行うバーベキューは非常に魅力的だ。

バーベキューは炭火用グリルやコンロ、鉄板などを使い、肉や野菜を豪快に焼いていく。自前のバーベキューセットを用意しておけば、テンションが上がること間違いなしだ。日常生活では味わえない楽しい食事が行えるだろう。

なお、バーベキューについては以前に解説した「失敗しない『バーベキュー』のポイント! おすすめ食材、準備手順、グリルやコンロも紹介」をチェックしてみよう。初めてバーベキューを行う方でも安心して取り組めるはずだ。

アクティビティ

デイキャンプの魅力的な過ごし方2つ目はアクティビティだ。キャンプ場にはその地域特有の楽しみ方がある。例えば、キャンプツーリング、カヤック・カヌー、登山、川釣りなどがあげられる。

また、子供やペットが楽しめるアスレチックやドッグフリーサイトが備わっているキャンプ場もある。その地域に合ったさまざまなアクティビティを探すのもキャンプの醍醐味だといえる。

スポーツ

デイキャンプでスポーツを楽しむキャンパーも多い。広々としたビーチや大自然の中で行うスポーツは開放感があるほか、道具1つで楽しめるのも魅力的だ。今の時代、公園や広場でボール遊びが禁止されているところも多いため、デイキャンプで体を動かして汗をかくのも良いだろう。

読書

大自然の中、読書をして過ごすのも楽しみ方の1つだ。普段とは違う落ち着いた雰囲気の中で行う読書は、心身ともにとてもリラックスできる。ハンモックに揺られながらの読書もおすすめだ。

デイキャンプを快適にする持ち物リスト

デイキャンプの魅力的な過ごし方は大まかに理解できただろうか?次に、デイキャンプを快適にする持ち物を解説する。アウトドア初心者の方でも、デイキャンプに必要なキャンプ用品を抜かりなく用意できるはずだ。

  • タープ
  • アウトドアテーブル
  • アウトドアチェア
  • レジャーシート
  • 食材・調味料
  • 調理道具・食器
  • クーラーボックス
  • バーベキューグリル

上記のキャンプ用品は絶対に必要というわけではないが、用意すればデイキャンプを最大限楽しめるはずだ。これらキャンプ用品を1つずつ見ていこう。

タープ

デイキャンプの持ち物1つ目は、快適な空間を作り出す「タープ」だ。このタープは日中の日差しを遮ってくれるだけでなく、雨や風も防いでくれる優れ物である。

ただし、タープはテントとは違って天井部分しか守ってくれないため注意が必要だ。また、ゆったりとくつろぎたいときはレジャーシートなどを忘れずに持参しよう。

アウトドアテーブル

デイキャンプの持ち物2つ目は、食事などで使用する「アウトドアテーブル」だ。やろうと思えばテーブルなしでも食事を行えるが、テーブルがないと何かと不便である。快適に食事を取りたい方はアウトドアテーブルを持っていこう。

アウトドアテーブルは折り畳みが可能であるため、持ち運びの負担になりにくい。また、足の長さを調節できるタイプやコンパクトサイズのものなど、さまざまなアウトドアテーブルがあるため用途に合わせて選択しよう。

アウトドアチェア

読書や食事、ゆったりしたいときなど、さまざまな場面で活用する「アウトドアチェア」。このアウトドアチェアを人数分持っていくことで、快適なデイキャンプを行えるはずだ。

こちらもアウトドアテーブル同様、いくつかの種類がある。例えば、ゆらゆらと揺れるロッキングチェアや背面が倒れるリクライニングチェアなどがあげられる。

レジャーシート

デイキャンプの持ち物4つ目は「レジャーシート」だ。地面にレジャーシートを敷くことで、ズボンや持ち物が汚れることなく快適に過ごせる。また、タープとセットで活用すればより魅力的な空間を作り出せるはずだ。

食材・調味料

デイキャンプの醍醐味であるバーベキューやキャンプ飯。それら食事に必要な「食材・調味料」は忘れずに持っていこう。

食材は前日に仕込んでおくことで、当日はスムーズに調理できるはずだ。また、調味料は家庭で使っているものを持参すれば問題ないが、アウトドア用の調味料ケースなども販売されているため、必要量だけ持っていきたい方は調味料ケースを検討しよう。

調理道具・食器

デイキャンプで調理をする際には「調理道具・食器」が必要となるため、食材・調味料とセットで持参しよう。必要となる具体的な調理道具は下記の通りだ。

  • クッカー(鍋)
  • フライパン
  • ガスバーナー
  • ナイフ
  • まな板
  • ケトル
  • ダッチオーブン

また、「スキレット」や「メスティン」なども用意しておけば、本格的なキャンプ飯を楽しめるだろう。これら調理道具や食器を自分好みに揃えることも、デイキャンプにおける楽しみ方の1つだ。

クーラーボックス

デイキャンプを快適にする持ち物7つ目は「クーラーボックス」だ。クーラーボックスはキャンプ飯に欠かせない食材を冷蔵保存するのに役立つ。冷蔵庫を使えないデイキャンプでは重宝するだろう。

また、クーラーボックスとセットで必要なのが「保冷剤」だ。保冷剤にはハードタイプとソフトタイプがあり、用途によって使い分けることができる。保冷剤について詳しく知りたい方は「アウトドアで大活躍する『保冷剤』の基礎知識|種類とおすすめ製品もあわせて解説」を参考にしてみてほしい。

バーベキューグリル

デイキャンプでバーベキューを行う際は、「バーベキューグリル」が必要になる。バーベキューグリルは大きくて重たいものからコンパクトなものまでさまざまだ。また、炭を使うタイプやガスや電気を用いるタイプもある。

そのため、バーベキューを行う目的や一緒に行うメンバーの数に合わせてバーベキューグリルを選択しよう。

デイキャンプを始める方法:3つの手順

ここまで、デイキャンプを快適にする持ち物を解説した。ざっくりとデイキャンプに必要な物が把握できたはずだ。続いて、デイキャンプを始める方法を3つの手順で見ていこう。デイキャンプが初めての方でも安心して始められるはずだ。

手順1:一緒に行く人数を決める

まずは、デイキャンプへ一緒に行く人数を決めよう。人数が決まらなければ、持っていく食材の量やキャンプ用品が定まらない。デイキャンプが初めての方は、人数が多いとトラブルの原因になりやすいため2〜4人がベストだろう。

手順2:キャンプ場を選ぶ

一緒に行く人数が決まったら、キャンプ場を選んでいく。このキャンプ場選びもデイキャンプにおける楽しみの1つだ。キャンプ場は全国各地にあるため、自分だけのキャンプ場を探してみよう。

なお、キャンプ場には大きく分けて「区画サイト」と「フリーサイト」の2種類があり、それぞれ特徴が異なる。区画サイトは地面に張られたロープなどでキャンプを行うエリアが区切られているため、事前に予約をすれば確実にキャンプが行える。一方、フリーサイトは自身の好きな場所にサイトを作ることができる。場所の確保は早いもの勝ちであるため注意が必要だ。

手順3:キャンプ用品を準備する

キャンプ場が決まればキャンプ用品を準備していく。デイキャンプを行う場所や一緒に行く人数に適したキャンプ用品を選ぼう。また、自身のこだわりなどを持つとより一層デイキャンプが楽しくなるはずだ。

キャンプ用品の選び方や購入方法が知りたい方は「結局何を買えばいい? 初心者の『キャンプ用品』選び。おすすめ製品と選び方を解説」を確認しよう。きっと自分好みのキャンプ用品が見つかるはずだ。

デイキャンプのおすすめスポット5選

デイキャンプの始め方は理解できたはずだ。最後に、デイキャンプのおすすめスポットを5つ紹介しよう。魅力的なキャンプ場をぜひ見つけてほしい。

【東京都】氷川キャンプ場

1つ目のおすすめスポットは東京都にある「氷川キャンプ場」だ。東京都心から約2時間の場所にあり、奥多摩駅から徒歩5分で行くことができる。

本スポットのデイキャンプは予約なしで利用できるため、「近くに遊びに来たからそのままデイキャンプ」ということも可能である。川釣りやバーベキュー、カヌー・カヤックなど、豊富なアクティビティを大自然の中で満喫できる魅力的なキャンプ場だ。

【群馬県】グリーンパークふきわれ

おすすめスポット2つ目は、群馬県の「グリーンパークふきわれ」だ。目の前に栗原川の清流が流れており、子供と一緒に川遊びができる。レンタル品も豊富にあるため、デイキャンプを手ぶらで行うことが可能だ。

また、現地のアクティビティとして、ピザ窯で焼く本格的なピザ作り体験がある。そのほか、登山や川釣りなども満喫できるため、ファミリーで楽しみたいという方におすすめだ。

【和歌山県】ACN南紀串本リゾート大島

3つ目におすすめするキャンプ場は、和歌山県にある「ACN南紀串本リゾート大島」だ。本スポットの最大の魅力は、どこまでも続く緑の芝生と青い空である。何度見ても癒やされるその空間で非日常感を満喫することができる。

また、シーカヤック体験やダイビング体験、シュノーケルスクールなど、さまざまなアクティビティが充実している。デイキャンプで開放感を味わいたいという方におすすめのスポットだ。

【千葉県】RECAMP しょうなん(手賀の丘公園内)

4つ目に紹介するおすすめスポットは、千葉県の「RECAMP しょうなん(手賀の丘公園内)」である。柏市街から車で10分の好アクセスであり、季節や用途に合わせてロケーションを選択できる。

キャンプ場内には多様なアスレチックが展開しているほか、体験型イベントやワークショップなども開催している。アウトドア初心者の方やファミリーにおすすめのキャンプ場だ。

【神奈川県】小田原市 いこいの森 RECAMP おだわら

デイキャンプにおすすめのスポット5つ目は、神奈川県にある「小田原市 いこいの森 RECAMP おだわら」だ。都内から車で1時間で行くことができ、自然豊かな森の中でキャンプが行える。城下町や小田原などの観光スポットも充実している。

さらに、約10分で箱根湯本の温泉街にアクセスできるため、自然を感じながら心身ともに休息を取りたいという方におすすめだ。

まとめ

本記事では、デイキャンプの魅力的な過ごし方、快適に過ごすための持ち物、おすすめスポットを解説した。

デイキャンプは通常のキャンプと違っていくつかの魅力があり、アウトドア初心者の方でも気軽に行える。また、デイキャンプの楽しみ方は多様にあるため、自分だけの過ごし方を見つけることができるはずだ。

デイキャンプを検討している方は、本記事で解説した内容を参考にし、デイキャンプの準備を今日から始めていこう。日常生活では味わえない素晴らしい一時を過ごせるはずだ。

なお、デイキャンプを含めたソロキャンプのデビュー方法はこちらで解説している。「この春、ソロキャンプデビューしよう。焚き火の極意や男のキャンプ料理、そろえたいキャンプギアなどおすすめグッズ&アイデア6選」。ぜひ参考にしてみてほしい。