新潟県燕三条の「本間製作所」が手がける「給食缶ミニ」は、プロ用の厨房製品ブランドとして知られる「仔犬印」ブランドからのラインアップ。今回、Makuakeにてプロジェクトが開始されると、瞬く間にサポートが集まる注目株だ。アウトドアにも普段使いにも活躍する、懐かしくて新しい調理器具となっている。

定価は7980円(税込)だが、数量限定で割引になる早期応援購入を実施中。プロジェクト終了は2021年6月29日まで。

業務用給食缶の家庭用サイズが登場!

「給食缶ミニ」は、料理の冷蔵庫保存、温め、持ち運びを実現するオールインワンキッチン用品。蓋部分のシリコンゴムパッキンが密閉するため、汁物を入れても中の物がこぼれにくい設計となっている。

また、シリコンゴムパッキンは蓋の溝部分にしっかりはまっているため、不意に外れて中身が漏れるといった心配も不要だ。

キャンプで使えるアウトドアナイフ40選!料理やブッシュクラフトに

中のものが漏れないようにするための工夫は、他にもある。それが、3つの留め具。蓋をした際さらに密閉性を高めるよう、給食缶ミニには3つの頑丈な留め具がついている。

この留め具が密閉するのは汁物だけではない。冷蔵庫を開けた時に気になるあのニオイ。例えば、“2日目のカレー”を楽しみに冷蔵庫で寝かせておくと、翌日には冷蔵庫全体がカレーのニオイになっているという経験を思い出してほしい。給食缶ミニはニオイを外に漏らしづらい、強力な密閉力があるのだ。

容器内に熱い汁物などを入れた場合、時間の経過と共に気圧が変わり蓋が取りづらくなるが、給食缶ミニの蓋に付属するツマミがこの悩みを解消する。ツマミを押すことで外気が容器内に入り気圧差がなくなり、簡単に蓋を外すことができる。

また、ステンレス製のため家庭用ガスコンロやIHコンロで温めることが可能。保存しておきたい料理を入れて、冷蔵庫で保存。温めたい時は冷蔵庫の中から取り出し、そのままコンロにかけることができるのだ。

ハンドルには「90度回転式のハンドル」を採用、専用の止め金具を新たに開発した。この止め具により90度でハンドルが止まり、コンロからおろす際にハンドルが熱くならず安心して持ち上げることが可能となっている。

保存から温め、食卓への持ち運びまで1つの容器で完結出来るため、洗い物を減らことができ、後片付けの負担も軽減。そんな、オールインワンアイテムが「給食缶ミニ」なのだ。

料理を外に持ち出せば、アウトドアでも本格的な料理を楽しむことができるだろう。カレーやシチューなどの煮込み料理は家で作ってから持ち出せばOK。汁物でも漏れない構造になっているので、車移動でも心配不要。

蓋についているシリコンゴムパッキンは取り外しOK。それぞれのパーツを洗えるので、衛生面でも心配せずに使用できる。

【商品概要】
商品名:給食缶ミニ
定価:7980円(税込)
公式サイト:Makuake「あなたへ提案したい料理道具。直火&IH対応の保存容器「給食缶ミニ」仔犬印 燕三条」

▼こちらもおすすめ