アウトドアな行動をサポートしてくれる便利なカーサイドタープ。この度、Makuakeに登場した「カラップ」(定価1万9800円)は、ユーザーから寄せられた様々な意見を反映させ、圧倒的コスパで製品化されたもの。初心者でも簡単に設置できるワンタッチタイプで、難しい設営技術も必要なし。早期応援購入の期限は2021年7月14日までとなっている。

軽自動車から普通自動車まで対応!

▶︎キャンプで人気&おすすめコット28選!快適な寝心地を手に入れる

カラップを販売するOUTDOOR MAN(アウトドアマン)は、ユーザーから寄せられた「だれでも簡単設営」「必要な機能だけに絞った圧倒的コスパ」「色々な車種にも使えるように」などの意見を反映し、海水浴やキャンプ、ワーケーションなど様々なシーンで活用できるカーサイドタープの販売をMakuakeで開始した。

ファミリーキャンプや河川敷でのBBQなど、時短設営ができるようにワンタッチタイプを採用。面倒なポールを挿すことなく簡単に設営することができる。慣れてしまえば約5分で設営することが可能だという。

そのためキャンプ初心者でも、コツをつかめば簡単に設営。収納は折りたたみ傘のように、簡単に撤収ができる仕組みとなっている。

縫い目にはシームテープ加工を施し、耐水圧・遮光テストは現在実施中とのこと。製品が届くまでに活動レポートで実数値について発表される予定だ。

フライシート生地は「ブラックカラーは暑い」というイメージを跳ね除けるが如く、内側にシルバーコーティングで遮光加工が施されている。

また設置するにあたり「どの車種があうの?」というユーザーの当たり前な疑問を解決するため、傷つきにくくある程度の形状であれば簡単に取り付けられる「Sucker attachment(吸盤式取り付け)」を採用。

ハトメは4カ所設定し、軽自動車から普通自動車などオープンモードであれば、様々な車種に取り付けが出来る様に設計。屋根に取付けができない場合は、一番外側のハトメを使い車側面に固定することができる。

横幕がある事で急な雨でも大丈夫、目隠しにもなる。締め切ってしまえば着替えスペースにも使えるだろう。また、横幕を閉めた状態でも外の様子がわかるよう左右には窓が付いている。

ユーザー意見として寄せられた「いらないもの」についても対応している。「でかすぎるメーカーのロゴ」は必要最低限のサイズに。「虫の侵入に対して入り口のメッシュは必要か?」については、結局、車の底面から虫が入ってこれるということで設置は見送った。

メッシュと同様に「スカートが必要かどうか」についても、車の底部分から風が入ってくる・横幕を開けている場合は不要のため設置しなかった。

軽さがウリの「ポールの素材をアルミにするかどうか」についてはコストの高さや、カーサイドタープは車と連結するための物であり、車があればそこまでの極端な軽量化に特化する必要がないためアルミ化はしなかった。

オープンモードやクローズモードでも設置が可能なほか、タープとポールのみでの自立設営もでき手軽にアウトドアなどで使えるカーサイドタープ。本格的にキャンプギアを用意するほどでもないお出かけにちょうどいいアイテムとなりそうだ。

【商品概要】
商品名:カラップ
価格:1万9800円(税込)
公式サイト:Makuake ユーザーの意見から生まれた、アウトドアで活躍するカーサイドタープ「カラップ」

▼こちらもおすすめ