My HIDEOUTの記事一覧

「自分を見失っていた時期にLAへ渡り学んだ、コミュニケーションの美学」|AAA・與真司郎
「ポツンとひとりになりたくて」山屋が里山に求めた心の基地| 野口 健
「今だって山に行きたい」。自分の焚き火がしたくてひとり、山へ向かう| ヒロシ
「走り続けることが、快感」。クルマの中が僕の隠れ家 | 仲村トオル
俳優は身体を使ってものを作る。「ものが作りたい。今はこれしかないな」| 遠藤憲一
「箱根の別荘は仕事への助走のような、俳優としての覚悟を作っている場所かもしれない」| 古谷一行
「“孤独の街・ニューヨーク”。外の喧騒を感じながら窓の内側に自分ひとり。孤独であるから自由に深く考えられる」 | 久保田利伸
年間1000軒を飲み歩くプロ飲み師に「何故そんな飲むんですか」と聞く
「牛ステーキがおいしく食べられるうちは現役を続けたい」 | 鏑木毅 プロトレイルランナー
「青いオーシャンと乾いた風の中に身を置くことで、またここに帰ってこようと思える」| 吉田栄作
「サッカーをやるうえで、将棋がヒントになったことって案外多かった」|波戸 康広(元サッカー日本代表、横浜F・マリノスアンバサダー)