香るスクイーザー

「香るスクイーザー」は、レモンなどの果実を絞るスクイーザーの進化版。従来のスクイーザーのように果汁を絞るだけでなく、レモンの香りの決め手である果皮を簡単にすり下ろすことができる。

果実だけで作るレモンサワーでは、居酒屋などで飲むようなレモンを丸かじりしたような爽快感や味わいを作り出すのは難しい。それは、レモンの持つ爽やかな香りの正体=レモネンが、果実ではなく皮に多く含まれているから。すりおろした果皮を入れることで、本格的なレモンサワーを自宅でも楽しむことができるのだ。

本商品は、三重県四日市市の伝統工芸品として知られている萬古焼で制作。熱が伝わりづらい陶器製のため、ふんわりとした香り豊かなすりおろしを作ることができる。また、しょうがやゆずなど、レモン以外の食材をすりおろしてオリジナルのサワーを作るのもいいだろう。

販売予定価格は3,278円(税込)。現在、Makuakeで特別価格の予約購入を受付中。「これからの家飲みレモンサワーを変えたい」をいう思いを込めた商品の形状は、『アラジン』に出てくる魔法のランプをイメージ。遊び心が効いたデザインは、レモンサワーができるまでの仕込みも楽しい時間に変えてくれそうだ。

【製品概要】
商品名:香るスクイーザー
価格:3,278円(税込)
サイズ:W110×L300×H42mm
容量:約30ml
予約販売:Makuake

あわせて読みたい