「電車屋なのに自転車操業」という痛烈なキャッチコピーで展開する「まずい棒」の第6弾。銚子電鉄は2018年の8月3日「破産の日」にちなみ、「まずい棒」の第1弾を販売。「コーンポタージュ味」「チーズ味」「ぬれ煎餅味」「スーパーまずい棒」「か〜るいチーズ味」とどんどんシリーズを展開し、200万本以上を売り上げる人気企画となった。

赤字削減に貢献しているものの、新型コロナウイルスや災害の影響で乗客数が減少し、厳しい経営状況は依然変わらず。同社の竹本勝紀代表取締役社長は、老朽化の進んだ車両を見て思わず「わ、、錆・・・!」と声を上げたことをきっかけに、第6弾のわさび味の販売に踏み切った。

ホラー漫画家の日野日出志さんが手掛けるコワおもしろいパッケージのイラストと、「マズさ倍増」「電車を止めるな」など皮肉たっぷりのキャッチコピーが哀愁と笑いを誘い、思わず応援購入したくなる。

価格は10本入りx1袋セット=378円(税込)。銚子電鉄のオンラインショップで購入可能。クスッと込み上げるものがあった人は買って応援しよう。

特設サイト:まずい棒
公式サイト:銚子電気鉄道

あわせて読みたい