最低限の道具だけを使って生活するアウトドアスタイル「ブッシュクラフト」。このブッシュクラフトでは、過酷な状況下の中、自身の力と最低限のアイテムだけで生活を送らなければならない。非常にハードなアウトドアではあるものの、それこそがブッシュクラフトの醍醐味である。

本記事では、ブッシュクラフトの楽しみ方や注意点、ナイフの選び方、おすすめのナイフを解説する。最後まで読めば、ブッシュクラフトを実施するための準備を今日から始められるはずだ。

ブッシュクラフトとは?

ブッシュクラフトとは、「ブッシュ(茂み)」と「クラフト(工作)」の2つを組み合わせた言葉であり、最低限の道具だけを使い自然の中で生活するアウトドアスタイルのことだ。

あえて便利なアウトドアグッズを持ち込まないことで、過酷で不便な状況を楽しむのがブッシュクラフトの醍醐味だ。そのことから、キャンプやグランピングに比べて難易度が高いアウトドアだといえるだろう。なお、このブッシュクラフトを趣味にしている人を「ブッシュクラフター」と呼ぶ。

サバイバルとの違い

ブッシュクラフトとサバイバルは同じような意味を持つ言葉だ。しかし、サバイバルは過酷な状況下で「生存」と「帰還」を目的とする一方、ブッシュクラフトは大自然の中で「生活」することに重きを置いている。

以上のことから、ブッシュクラフトとサバイバルは似ているようで目的が大きく異なる。つまり、ブッシュクラフトは「自然を感じながら生活する」というアウトドアスタイルなのだ。

ブッシュクラフトの楽しみ方

ブッシュクラフトの基礎概要は理解できただろうか? 続いて、ブッシュクラフトの楽しみ方を2つ見ていこう。ブッシュクラフトは必要最小限の道具しか持っていかないため、生活に必要なものは全て現地で調達・作成する。そんな状況で楽しむ方法としては、下記の2つがあげられる。

焚き火

ブッシュクラフトの楽しみ方1つ目は「焚き火」だ。ブッシュクラフトでは、キャンプのような着火剤を使った焚き火は行わない。自分の手で着火剤となる薪を調達し、枯れた落ち葉や小枝を収集していく。また、着火するための火も自分で作り出さなければならない。

このように、焚き火1つするだけでも、通常のキャンプでは考えられないほどの労力を要する。その分、自分の力だけで火をつけた感動は大きいはずだ。

ナイフワーク

ブッシュクラフトの楽しみ方2つ目として「ナイフワーク」があげられる。ブッシュクラフトでは基本的にナイフを使って調達・作成を実施する。そのため、何を行うにもナイフを器用に使いこなす必要があるのだ。

ブッシュクラフターの上級者はナイフの使い方に長けており、ナイフで木を削って食器や箸、釣り竿、テーブル、チェアなどを作成する。このように、ナイフを活用して自然な物をアイテムに変えていく過程も、ブッシュクラフトの醍醐味の1つだ。

ブッシュクラフトを行う上での注意点2つ

ここまで、ブッシュクラフトの楽しみ方を解説した。次に、ブッシュクラフトを行う上での注意点を2つ見ていこう。法律違反になる可能性もあるため、事前にしっかり理解しておこう。

山の所有者の許可

ブッシュクラフトを行う上では、山の所有者の許可を取る必要がある。ブッシュクラフトは山や森など、自然の中で実施することがほとんどである。しかし、すべての山や森は自由に使って良いわけではなく、基本的に所有者がいるため許可を取らなければならないのだ。所有者の許可を取らずに無断で立ち入り、木の伐採などをすると法律違反になってしまうため注意しよう。

また、これはブッシュクラフトに限った話ではなく、キャンプや登山といったアウトドア全般にいえることだ。そのため、アウトドアで楽しむ際は、必ず所有者の許可を取った上で実施しよう。

直接焚き火をする「直火」

ブッシュクラフトを行う上では、直接焚き火をする「直火」に気をつけよう。山や森は所有者の許可を得ていたとしても、地面の上に直接焚き火をする行為は基本的に禁止されている。

マナーや自然保護の観点からも、ブッシュクラフトを行う際は山や森の使用許可だけでなく、直火の確認も一緒に行おう。なお、直火が禁止されている場所であっても焚き火台を使用すれば、問題なく焚き火を楽しむことができる。

ブッシュクラフトに必要なアイテム

ブッシュクラフトを行う上での注意点は大まかに理解できただろうか?本項では、ブッシュクラフトに必要なアイテムを解説していく。ブッシュクラフトを快適に実施するためにも、ぜひチェックしておこう。

ナイフ

大自然の中で最低限の生活を送るためには「ナイフ」が必要不可欠である。先ほど解説したように、ブッシュクラフトではナイフをうまく活用し、生活に必要なアイテムを作成していく。また、ナイフワークといった楽しみ方もあるため、ブッシュクラフトを行う際にはナイフを持っていこう。

ファイヤースターター

ブッシュクラフトに必要なアイテム2つ目は、「ファイヤースターター」だ。ファイヤースターターとは、マグネシウムやフェロセリウムなどの金属で作られた棒と、ストライカーを使って火を起こす道具のことである。このファイヤースターターを用いることで、短時間で火を起こすことが可能だ。

なお、原始的な方法でも火を起こせないこともないが、かなりの手間と労力がかかってしまう。また、天候や環境に大きく左右されてしまう問題もあるため、ブッシュクラフトの実施時にはファイヤースターターを持っていこう。このファイヤースターターの使い方は下記の通りだ。

  1. 火口になりそうなもの(木くずや麻ひもなど)を用意する
  2. ロッドを削って火口にマグネシウムの粉を落とす
  3. ロッドをナイフなどで強く擦って着火させる

最初は難しいかもしれないが、慣れると簡単にできるため諦めずにトライしよう。

テント・タープ

寝泊まりを行う場合は「テント・タープ」を持っていこう。ブッシュクラフトにテントとタープを持参すれば、快適な睡眠環境を確保できる。

ブッシュクラフトの上級者であれば、テントやタープがなくても1から睡眠環境を構築できるものの、大抵のブッシュクラフターはそう都合良く用意できない。過酷な環境で生活するブッシュクラフトにおいては睡眠が最重要であるため、特に初心者の方はテントとタープを持参しよう。

なお、テント選びについては「初心者におすすめテント【2021年】選び方&定番&人気メーカーも」をチェックしてみてほしい。自分好みのテントとタープを用意し、ブッシュクラフトを最大限に楽しもう。

ブッシュクラフトに欠かせないナイフの選び方

ブッシュクラフトに必要なアイテムがわかったところで、ブッシュクラフトに欠かせないナイフの選び方を解説する。アウトドア用のナイフは意外にも種類が多いため、ナイフ選びに迷ってしまう方も多いはずだ。これからナイフを買い揃える方はぜひ参考にしよう。

身幅の広さ

ナイフ選びで重要となる要素が「背幅の広さ」だ。日本で実施する通常のキャンプでは、ナイフで薪を割ったりアイテムを作成したりはしない。そのこともあり、日本のアウトドア用のナイフは身幅が狭く作られている製品が多いのだ。

身幅が狭いナイフでは思ったように作業が行えないため、アメリカのアウトドアで使用されるような、身幅が広いナイフを用意しよう。作業効率に大きく影響するため、身幅の広さは非常に重要だ。

扱いやすさ

ナイフを選ぶ際は「扱いやすさ」も考慮しなければならない。自身に合っていないナイフを使用すると、大きな怪我や事故につながる恐れがあるため、必ず扱いやすいナイフを選ぼう。

そもそもナイフ自体に使い慣れていないという方は、刃があまり長くないナイフをおすすめする。また、柄の部分にもこだわって、自身の手に馴染む大きさを探そう。ナイフの扱いやすさはブッシュクラフトでの生活を大きく左右するため、慎重に選ぶことをおすすめする。

ブレード部分の素材

ブッシュクラフトで使用するナイフの場合、ブレード部分の「素材」にもこだわるべきである。ナイフのブレード部分の素材は切れ味やメンテナンス性に大きく関わるため、ナイフを選ぶ際は必ずチェックしよう。

なお、ブレード部分の素材は大きく分けて「鉄」と「ステンレス」の2つがある。鉄製のナイフはカーボンスチールと呼ばれるものであり、切れ味が鋭くてよく切れる分、錆びやすいため定期的なメンテナンスが必要だ。一方でステンレス製のナイフは、メンテナンス性に優れているものの、切れ味は鉄製に劣ってしまう。

このように、ブレード部分の素材によって性質が大きく異なるため、用途や好みに合わせて素材を選択しよう。

ブッシュクラフトにおすすめのナイフ4選

ここまで、ブッシュクラフトに欠かせないナイフの選び方を解説した。最後に、ブッシュクラフトにおすすめのナイフを4つ紹介しよう。自分好みのナイフを購入して、ブッシュクラフトを最大限充実させよう。

KELLAM KNIVES Wolverine

KELLAM Wolverine ケラム ウルヴァリン

ブッシュクラフトにおすすめのナイフ1つ目は、「KELLAMのKNIVES Wolverine」だ。ハンドル部分が非常に持ちやすく、多くのブッシュクラフターから定評を得ている。

ブレードが少し短いものの切れ味が抜群に良いため、驚くほどスムーズに木枝や薪を切ることができる。また、ブレード部分が鋭角になっていることから、腕力に自信がない方でもうまく扱えるはずだ。ブッシュクラフトで快適なナイフワークを楽しみたい方は、ぜひ一度検討してみてほしい。

  • サイズ:20.6cm
  • 刃厚:3.3mm
  • 重さ:90.7g

BOKER マグナム エルクハンター

BOKER マグナム エルクハンター シースナイフ BOM

2つ目に紹介するおすすめナイフは、「BOKER マグナム エルクハンター」だ。ブレード部分がステンレス製なので錆びにくく、水気のある食材の調理にも向いている。ハンドルはパールウッド素材の洗練されたデザインであるほか、握りやすいように工夫されているため、ナイフの扱いに慣れていない方でも安心だ。

コンパクトでありながらも高性能なので、機能性が高いナイフを求めている方におすすめの製品である。デザインがおしゃれなところも魅力的だ。

  • サイズ:25.1cm
  • 刃厚:4mm
  • 重さ:156g

鍛冶屋トヨクニ 土佐アウトドア剣鉈 120

土佐アウトドア剣鉈120 青2 磨き 真鍮輪 チェッカー入り tautodoa-927

ブッシュクラフトでおすすめのナイフ3つ目として「鍛冶屋トヨクニ 土佐アウトドア剣鉈 120」があげられる。和風のデザインが特徴的であり、「ロシア・アウトドアナイフショー」で2年連続大賞を受賞している。

ハンドルは木製でしっかり握り込める作りになっているため、初心者でもとても扱いやすい。また、ナイフ自体の重量が220gもあることから、自重を使って木枝や薪をスムーズに切ることが可能だ。ブッシュクラフトで有効活用できる和製のナイフを探している方におすすめ。

  • サイズ:26.5cm
  • 刃厚:4mm
  • 重さ:220g

ジーサカイ サビナイフ5 ワイルドハンター

G・サカイ SABI KNIFE-5 ワイルドハンター 黒 11436

最後に紹介するおすすめナイフは「ジーサカイ サビナイフ5 ワイルドハンター」だ。本製品にはH-1鋼が使用されており、錆びにくい作りになっている。そのことから、海辺のブッシュクラフトでも安心して使用できる。

また、ネジ部分にもステンレスが採用されているため、ブレード以外も錆びにくい。そのほか、ナイフ自体が丈夫で重量もしっかりしており、ブッシュクラフト以外のアウトドアでも十分活躍するはずだ。アウトドアを幅広く行う方はぜひ検討してみてほしい。

  • サイズ:29.0cm
  • 刃厚:4mm
  • 重さ:280g

なお、アウトドア用のナイフをもっとたくさん知りたいという方は、以前に解説した「おすすめのアウトドアナイフ40選!キャンプ料理や薪割り用に」をチェックしよう。自身に適したアウトドア用のナイフが見つかるはずだ。

まとめ

本記事では、ブッシュクラフトの楽しみ方や注意点、ナイフの選び方、おすすめのナイフを解説した。

ブッシュクラフトは最低限の道具だけを使って生活するアウトドアスタイルであり、サバイバルとは目的が大きく異なる。自信の力のみで生活することが醍醐味ではあるものの、ナイフやテントなどのアイテムは最低限必要だ。ブッシュクラフトを快適に実施するためにも、注意点をしっかり理解しておこう。

もしブッシュクラフトに興味が湧いた方は、本記事で解説した内容を理解した上で実施しよう。いままでのアウトドアとは少し違う体験ができるはずだ。

▼あわせて読みたい