2021年大河ドラマ「青天を衝け」の主人公・渋沢栄一に後を託された男「渋沢平九郎」。奥武蔵の山中で激動の幕末を思う

2021年の大河ドラマ「青天を衝け」。明治の新しい国づくりに大きく関わった渋沢栄一の物語だ。その栄一が後を託した男「渋沢平九郎」をご存知だろうか。奥武蔵を歩き、平九郎と激動の幕末に思いを馳せた。
▶︎続きを読む

東海道随一の景勝地「薩埵峠」をひとり山歩き。幕末の奇跡「江戸無血開城」を思う

現在の静岡県静岡市清水区由比に位置する「薩埵峠(さったとうげ)」の歴史を振り返りつつ、その東麓にある「望嶽亭藤屋(ぼうがくていふじや)」に幕末から語り継がれる伝承を紹介する。
▶︎続きを読む

秩父長瀞の霊峰「宝登山」をゆく。関東屈指の観光地に、近代日本を創った渋沢栄一の英断があった

埼玉県秩父地方の「宝登(ほど)山」「武甲山」「三峰山」は、それぞれ「寶登山(ほどさん)神社」「秩父神社」「三峯神社」を擁し、古来より〝神の山〟として崇められてきた。
▶︎続きを読む

渋沢栄一も注目した秩父地方のシンボル「武甲山」。現代日本を支えつづける名峰を行く

埼玉県を横断する荒川の上流部、秩父市と隣接する秩父郡4町(横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町)を合わせた地域を「秩父地方」と呼ぶ。
▶︎続きを読む

▼あわせて読みたい